今月のピックアップ!

  • DAYS
  • 劇部ですから!

いぬ年特集!

  • もしも病院に犬がいたら
こども病院ではたらく犬、ベイリー

    もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー

    「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」 入院中の子どもたちを笑顔に変える!日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリ…

  • ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね――。…

  • 盲導犬不合格物語

    盲導犬不合格物語

    盲導犬の訓練を受けても、すべての犬が盲導犬になれるわけではありません。では、盲導犬になれなかった“不合格犬”たちはテスト…

  • タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    生きていてくれ!!涙の決断。犬たちの運命は? 南極で、ほんとうにあった物語。岩合光昭さんのお話ものっているよ!観測隊員…

  • フランダースの犬(新装版)

    フランダースの犬(新装版)

    青い鳥文庫の名作新装版少年ネロと愛犬パトラッシュの悲しい友情物語。「さあ行こう、パトラッシュ。ぼくたちは、たったふたり…

  • 新訳 名犬ラッシー

    新訳 名犬ラッシー

    ジョーの愛犬ラッシーは、村でいちばん賢くて美しいと評判のコリー犬。ところが、ある日ラッシーはお金持ちの公爵に買いとられ…

  • 豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    むかしコロボックルが飼っていたという、豆つぶほどの小さないぬ、マメイヌが、いまも生きているらしいという。クリノヒコとな…

  • 南総里見八犬伝(1)
―運命の仲間―

    南総里見八犬伝(1) ―運命の仲間―

      里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第…

  • はたらく地雷探知犬

    はたらく地雷探知犬

    地雷を探す。希望を見つける。自分たちの手で「生きる力」を取りもどしていく犬と人の物語。フォックストロットとクッキーは、…

  • 読書介助犬オリビア

    読書介助犬オリビア

    あなたは、犬に本を読んであげたことある?安楽死寸前のところを救われたオリビアと、落ちこぼれ小学校の中の、さらに落ちこぼれ…

小学上級から

物語ること、生きること

物語ること、生きること
ためし読み
本を買う
感想を書く

2016年07月09日ごろ発売

上橋菜穂子/著
瀧 晴巳/文・構成

「どうやったら作家になれますか」「『獣の奏者』や『精霊の守り人』みたいな話は、どうやって生まれてくるんですか」というご質問に、本当に意味のあるお答えをするためには、その物語を書くまでに私がたどってきた道程をすべて、お伝えしなければなりません。――物語は、私そのものですから。(本文「作家になりたい子どもたちへ」)書くことを木の幹とするならば、読むことはその根っこ。素晴らしい物語を書き続ける、上橋菜穂子さんには、豊かな読書体験がありました。物語が生まれるまでの道のりがここに。  「国際アンデルセン賞」は1956年に創設された児童文学の本の分野で最も歴史と権威のある国際的な賞です。2年に一度、子どもの本の世界に最も貢献した作家1名と画家1名に送られます。選考水準の高さから、児童文学のノーベル賞と称されています。作家賞の受賞は1994年のまど・みちおさん以来の快挙です!

定価:本体650円(税別)

ISBN 978-4-06-285564-8

この本も読んでみて!

  • 獣の奏者(1)
  • 獣の奏者(2)
  • 獣の奏者(3)
  • 獣の奏者(4)
  • 獣の奏者(5)
  • 獣の奏者(6)
  • 獣の奏者(7)
  • 獣の奏者(8)

みんなの感想

わたしも作家になりたいので、とっても参考になりました。
とってもいい本でした。
わたしも、物語を作ってみようと、あらためて思いました。
わたしは上橋先生の「獣の奏者」が大好きです。
おもしろくて、時間を忘れてしまうほど、のめりこんでしまいました。
本当に、「獣の奏者」は、最高です!
これからも、楽しい本いっぱい出してください。
楽しみにしています。

2016年09月27日 静岡県 / 小学6年生 / 女 / 匿名希望さん(読者はがき)

わたしは「獣の奏者」も「精霊の守り人」シリーズも大好きです。
小説家を夢見て、もう3年も経ってしまいました。
作家になって大成功した上橋先生のいままでを知ることができてうれしいです。
バルサ誕生のもとや、トロガイのエピソードなども、わくわくしました。

2016年08月29日 埼玉県 / 中学1年生 / 女 / 匿名希望さん(読者はがき)

上橋さんがこれまで、どんな本を読んで、どのように育ったかが、よくわかります。
作家になろうと思ってない、ほかの職業をめざしている人でも、楽しく読める1冊だと感じました。

2016年08月16日 神奈川県 / 小学4年生 / 女 / 匿名希望さん(読者はがき)

上橋さんのお話、ホンっとに大好きです。
アニメの「エリン」を5歳のときに見て、小1のときに青い鳥文庫版の『獣の奏者』を読んでから、ほとんどを読ませていただきました!
これからもがんばってください!

2016年08月01日 静岡県 / 小学6年生 / 女 / Lucica
青い鳥文庫ファンクラブ会員No.39317

どうやったら『精霊の守り人』のような、長くておもしろい本を書けるのかなとずっと思っていたのですが、この本を読んで、上橋先生はとても努力をされたんだなと感じました。
特に、「研究者になりなさい。」といわれたとき、「ちゃうねん。」と涙をこぼすところがとても、目に浮かぶようで、切なくなりました。
この本を読んで、上橋先生に一度会ってみたいなと思ったりもしています。

2016年08月01日 兵庫県 / 小学6年生 / 女 / ほんのむし

わたしは、菜穂子さんと話が合うと思います。
わたし自身も、父に、「おまえは男じゃないんだぞ。」っておこられます。
男子ともよくケンカというか、格闘をしているのですけれど、菜穂子さんも男子とすもうをしていたと読んで、びっくり!です!
あなたと話がしてみたいです。

2016年07月26日 長野県 / 小学6年生 / 女 / 原田桃菜さん(読者はがき)

感想の受け付けは終了しました。

ほかの本も、読んだらぜひ感想送ってね!

※感想は、発売から3か月以内のあいだに、送ることができます。

今月の刊行

  • DAYS(デイズ)(3)
―再スタートの夏―
  • 劇部ですから!Act.3
―恋とマクベス―
  • ぼくはネコのお医者さん
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!