2016年07月07日ごろ発売

ピアノはともだち 奇跡のピアニスト 辻井伸行の秘密

  • こうやま のりお/著
  • 脇田 明日香/装丁

定価:本体620円(税別)

ISBN 9784062855679

世界中で、その演奏と人柄が愛されているピアニスト辻井伸行。幼いころから天才といわれ続けてきましたが、ここへ至る道は、けして平坦なものではありませんでした。

視覚障害をもつ息子に最善の道をと心をくだく明るい母。一人でも生きていけるようにと厳しく接する父。彼の演奏に魅了され、その才能を自由にのばそうと尽力した恩師。同じ音楽の道を進もうとする友人たちや、コンクールの審査員、そして、コンサートの聴衆--。
さまざまな人たちが、辻井伸行その人の魅力のとりこになり、また、そのピアノの音色に心うたれ、そのことがまた彼の活躍の舞台を広げていきます。

生後8カ月で、スタニスラフ・ブーニンが演奏するショパンと、ほかの演奏家のショパンとを聞き分けることができたという辻井伸行。
その強さ、明るさの秘密は、生まれ落ちたときからの、音楽に対する強い愛にあったのです。


*2001年に児童図書出版から刊行され、課題図書にもなった同名の単行本の、待望の青い鳥文庫化

<ノンフィクション 小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

みんなの感想

  • 辻井伸行さんへ
    おもしろかったです。感動して、なみだが出ました。
    目が見えなかったけど、ピアノがじょうずにひける能力を持っているのは、スバラしいと思いました。

    2016年09月27日

    小学4年生 / 女 / 山本杏奈さん(読者はがき)

  • 努力をわすれない伸行さんに、
    感動! 感動! 感動!

    2016年08月19日

    小学6年生 / 女 / 匿名希望さん(読者はがき)

  • テレビで、辻井伸行さんを見て、本を買ってくれました。
    家にかえって読んだら、まえがきだけで、泣きたくなりました。
    1日で2章まで読みおわりました。
    わたしは、とてもびっくりしました。
    これからも、辻井伸行さん、がんばってください!!

    2016年08月19日

    小学2年生 / 女 / 蜷川琴音さん(読者はがき)

  • わたしも、ピアニストになる夢があります。
    わたしも見習って、がんばりたいです。

    2016年08月01日

    小学4年生 / 女 / jjj

  • 伸行さんの音楽力がすごいと思いました。

    2016年07月26日

    小学5年生 / 女 / 匿名希望さん(読者はがき)

  • わたしもピアノを習っているので、この本を読んでみました。
    辻井さんの努力は、すごいと思いました。
    しょうがいがあってもあきらめないすがたに、感動しました。
    音楽に関係がある本を作っていってほしいです。

    2016年07月22日

    小学4年生 / 女 / 軽部紗子さん(読者はがき)

  • みんなにきいてほしいっていう気持ちが伝わりました。
    うまくいかないときも、がんばろうという気持ちになりました!

    2016年07月13日

    小学6年生 / 女 / はんな

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫