2018年10月11日ごろ発売

戦国武将物語 伊達政宗 奥羽の王、独眼竜

  • 小沢 章友/文
  • 山田 一喜/絵

定価:本体680円(税別)

ISBN 9784065133033

時は戦国時代。出羽の国(山形県)で生まれた伊達政宗は、幼いころの病がもとで右目の視力を失うが、不運にめげることなく、心身をきたえ、文武の道にはげんだ。十八歳で、伊達家をつぐと、まわりの大名たちを次々とおさえ、二十四歳の若さで、奥羽(東北六県にあたる地域)のなかばを手に入れ、「奥羽の王――独眼竜政宗」と呼ばれた。「あと三十年早く生まれていたら、天下を統一しただろう。」といわれる政宗の生涯とは。


読みやすくて、わくわくする! 
大人気、<戦国武将物語シリーズ>に、待望の第9弾が登場!

弱い国は強い国にほろぼされる戦国時代。
米沢(現在の山形県)で、城主の長男として生まれた伊達政宗は、五歳のときの病がもとで右目の視力を失うが、その不運にめげることなく、心身をきたえ、文武の道にはげんだ。十八歳で、伊達家をつぐと、まわりの大名たちを次々とおさえ、二十四歳の若さで、奥羽(現在の東北六県にあたる地域)のなかばを手に入れ、「奥羽の王――独眼竜(どくがんりゅう)政宗」と呼ばれた。

「あと三十年早く生まれていたら、天下を統一しただろう。」といわれる、政宗の生涯とは!

<伝記 小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

みんなの感想

  • わたしは、学校の授業で一番社会が苦手なのですが、この本を読んで、歴史をもっと学びたいと思いました。
    最初は、伊達政宗という人物すら知りませんでしたが、読んでいくうちに伊達政宗が日本でどういう立場だったか、どんな生涯だったのか、たくさんのことを学びました。

    2018年11月03日

    小学6年生 / 女 / 珠花

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫