2020年06月10日ごろ発売

14歳の水平線

  • 椰月 美智子/作
  • またよし/絵

定価:本体1080円(税別)

ISBN 9784065199725

ーだれにでも忘れられないたった一度の「14歳の夏」がある―。

中二病を、自分でも自覚している加奈太は、家でも学校でもなにかと
イラついてしまう日々を過ごしていた。
そんな中、夏休みに、父親の故郷の島で、中2男子限定のキャンプに参加することになる。
初対面6人の共同生活は普段の生活とは違うことばかりだった。
一方、シングルファザーである父親の征人は、思春期の加奈太の気持ちをうまくつかめず
すれ違う日々になやんでいた。
加奈太と共にやって来た島では、たちまち30年前の日々に引き戻されてゆく。
自分自身の父親を亡くした、あの暑い夏へと―。
14歳の息子と、かつて14歳だった父親。
だれにでも忘れられないたった一度の「14歳の夏」がある―。

<小学校上級から すべての漢字にふりがなつき>

みんなの感想

  • ずっとずっと大事にしたい1冊です。
    この本から大切なことをもらった気がしました。

    2020年07月06日

    中学2年生 / 女 / Kiko

  • ステキな本でした。
    読み終わった後もずっと心に響いて、ドキドキしています。初めての気持ちです。

    2020年06月21日

    中学3年生 / 女 /

  • こんなに自分の気持ちぴったり合う本があったなんて!
    とまずおどろきました。一生忘れられない、何度も読み返したい本になりそうです。
    椰月美智子先生はどうしてこんなに14歳の気持ちがわかるのでしょうか。

    2020年06月18日

    中学2年生 / 女 / アンジェリカ

  • 感動しました。。。泣いたり、笑いながら泣いたりしました。
    14歳の不安定な気持ちをなんでこんなにステキに書いてくれるんだろう、って思いました。
    「しずかな日々」と「十二歳」も読みたいです。

    2020年06月14日

    中学2年生 / 女 / みさと

  • 「十ニ歳」も「しずかな日々」も大好きでこの本も読んでると時間を忘れてしまいます。
    とってもオススメです。

    2020年06月10日

    小学6年生 / 女 / みなみ

  • 「しずかな日々」と「十二歳」が大好きで、すごく感動しました。
    「14歳の水平線」も楽しみに読みます。
    絵もすごく好きです。

    2020年06月09日

    中学1年生 / 女 / ゆずは

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫