2020年10月14日ごろ発売

アンの娘リラ 赤毛のアン(8)

  • ルーシー.モード・モンゴメリ/作
  • 村岡 花子/訳
  • HACCAN/絵

定価:本体1200円(税別)

ISBN 9784065210680

「アン一家のお話」のラストも、愛と感動がいっぱい!

アンの子どもたちは成長し、末娘リラは15歳。
そんなしあわせなアン一家にも、第一次世界大戦の影がしのびより、
兄たちは戦争へ、そして、リラが思いをよせていたケネスもそれに続き……。
大きな不安や悲しみ、さまざまな試練がふりかかる中でも、
希望を胸に明るく成長していくリラ。
そして、戦争がおわってまもないある日、
玄関のベルがなり、ドアをあけたリラの前に立っていたのは……。

大人気「赤毛のアン・シリーズ」第8弾!

<世界の名作 小学上級から 総ルビ>

みんなの感想

  • 「アンの娘リラ」ありがとうございます!
    先週が中間、来週が実力とテストが続いています。テスト勉強をいままで以上にがんばれているのは「テストが終わったら買いに行ってもいい」という約束のおかげです! 一週間後、テストが終わったら買いに行きます! あと一週間、がんばるぞー!

    2020年10月21日

    中学3年生 / 女 / 結城玲奈

  • 本当に心待ちにしていました!!!!!!!!!!!
    発売日を今か今かと待ち続けてやっと読むことができるので本当にうれしいです。ステキな絵で読みやすい本を作って下さりありがとうございます。アンのようなステキな大人になることが、わたしの目標です。アンに出会わせてくださりありがとうございます!

    2020年10月14日

    高校3年生 / 女 / りんご

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫