2021年01月14日ごろ発売

はたらく細胞

  • 清水 茜/原作・絵
  • 時海 結以/文

定価:本体700円(税別)

ISBN 9784065220597

人体に37兆個あるといわれる細胞たち。赤血球は毛細血管の奥の奥まで酸素と栄養を運び、白血球は外部から侵入した細菌やウイルスなどを排除するため日夜奮闘中!今作では血小板たちの健気な活躍を描く「たんこぶ」、白血球の子供時代にスポットを当てた「骨髄学園」、キラーT細胞の甘酸っぱい学生時代のエピソードが微笑ましい「胸腺学校」の3編をノベライズし収録します。なお「たんこぶ」と「骨髄学園」の2本は原作コミックスの単行本にも未収録で3作品とも初のノベライズになります。

<すべての漢字にふりがなつき 小学中級以上 ノベライズ>

News

みんなの感想

  • 元々、細胞のことをよく知らなくても詳しくなれるようなお話で、分かりやすく、おもしろく、いつの間にか読み終えていました!
    次もあったら読んでみたいです。

    2021年01月17日

    小学6年生 / 女 / l(O.O)j

  • 『はたらく細胞』読みました! とってもわかりやすく描かれていて、小学生のわたしでも、理解できました。アニメも見てみたいです!

    2021年01月16日

    小学3年生 / 女 / アニアJ

  • 原作コミックスに載っていないお話なので、読むのが楽しみです!

    2021年01月15日

    小学3年生 / 女 / あんな

  • アニメ見ていたので楽しみ!

    2021年01月12日

    小学6年生 / 女 / りん

  • おもしろかった。

    2021年01月11日

    小学4年生 / 女 / ささ

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫