今月のピックアップ!

  • 小説 ゆずのどうぶつカルテ-こちら わんニャンどうぶつ病院-
  • 異能力フレンズ
  • 戦国武将物語
  • エトワール!
  • 作家になりたい!
  • すみっこ☆読書クラブ
  • ねこやなぎ食堂

クリスマス特集!

2019年04月01日

第2回「青い鳥文庫小説賞」贈賞式がおこなわれました!

先日サイトで結果を発表した、第2回「青い鳥文庫小説賞」の贈賞式が、3月14日におこなわれました!
春らしく、なごやかであたたかい式になりました!
大賞を受賞された吉岡みつるさん、金賞を受賞された日部星花さん、ご受賞おめでとうございます。

贈賞式での、お二人のすてきなあいさつを、一部ご紹介いたします!

【大賞 吉岡みつるさん(作品名:神様のお医者さん!―真墨と不思議な診療所―)】
わたしが青い鳥文庫をはじめて読んだのは、小学5年生のとき、転校先で友だちになった子がすすめてくれたのがきっかけでした。そこから青い鳥文庫のファンになり、今でも読んでいます。
そのころから、わたしは「児童文学を書く小説家になろう。」と決めていたのですが、中学の卒業文集に、「子どもに夢をあたえる児童文学作家になりたい!」と書いてありました。そこには、あえて「子どもに夢を与える」という冠をつけた理由として「大人になると夢を忘れてしまうので、これをモットーに大人になっても夢を忘れない人であれ!」と、未来の自分に対して書かれていました。それを読みかえして、たしかに夢って漠然(ばくぜん)としているのですが、日常において、たのしいこととか、おもしろいこととか、自分の好きなことを生きる原動力にする!ということを「夢」ととらえようかなと、最近思っています。
わたしに青い鳥文庫をすすめてくれた友だちは、小学校卒業とともにはなればなれになってしまったのですが、また、本を通して、いつかどこかでめぐりあえたらいいなと思っています。
これからがんばりますので、どうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。

【金賞 日部星花さん(作品名:DEATH★ガール)】
小さいころから本が大好きで、小説は小学生・中学生のころから書きつづけていたのですが、今回、まさか賞をいただけることになるとは思っていなくて、電話をいただいたときは、本当におどろきました! ありがとうございました。
高校生のわたしは今、中学生も一緒にいる中高一貫校で図書委員会に所属しているので、中学生が借りる本はよく把握していいます。そのなかで、青い鳥文庫の本は本当によく借りられていて、これからわたしもたくさん読まれるような本を作っていき、借りられる立場になるんだなと思うと、とても感慨深(かんがいぶか)いものがあります。
これから作家のスタートラインに立たせていただくということで、せいいっぱいがんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


受賞作は、ただいま刊行にむけて準備をすすめているところです! どうぞお楽しみに!
また、今年も第3回「青い鳥文庫小説賞」を開催予定です。つぎはどんな作品が大賞・金賞にえらばれるのか、たのしみです! みなさんの力作をお待ちしています。

今月の刊行

  • 呪われた恋話は知っている
-探偵チームKZ事件ノート-
  • 生活向上委員会!(12)
-ふたたび、ぼっちに!?-
  • 学園ファイブスターズ(2)
-仲間をさがせ-
  • おもしろい話が読みたい!
-ゲキ恋!-
  • ちはやぶる
-百人一首恋物語-
  • 8人のいとこ
  • 谷川俊太郎詩集 たったいま
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!