今月のピックアップ!

  • 探偵チームKZ事件ノート
  • タイムスリップ探偵団

小説を書こう!

2017年02月21日

ありがとう佐藤さとる先生
~「コロボックル物語」シリーズの佐藤さとる先生がご逝去されました

だれも知らない小さな山で出会った、小さな人たち「コロボックル」――。
50年以上にわたり愛されつづけているファンタジー「コロボックル物語」を生んだ児童文学作家、佐藤さとる先生が、2017年2月、ご逝去されました。88歳でした。

1959年に、のちに代表作となる『だれも知らない小さな国』を講談社から刊行。
同年、毎日出版文化賞、翌1960年には日本児童文学者協会新人賞、国際アンデルセン賞国内賞をそれぞれ受賞。1967年、『おばあさんのひこうき』で厚生大臣賞・野間児童文芸賞を受賞され、高く評価された児童書作家でした。

青い鳥文庫では、「コロボックル物語」シリーズ全7巻が、青い鳥文庫が創刊した1980年から現在にいたるまで刊行されつづけています。
これからも、長く愛されつづけることでしょう。

長年にわたり、あたたかくゆたかな作品をわたしたちにとどけてくださった佐藤さとる先生へ、感謝の気持ちを表しつつ、心よりご冥福をお祈りもうしあげます。

関連ページ 講談社文庫サイト「コロボックル物語」特設ページ
関連書籍
だれも知らない小さな国 -コロボックル物語(1)-

だれも知らない小さな国 -コロボックル物語(1)-

こぼしさまの話が伝わる小山は、ぼくのたいせつにしている、ひみつの場所だった。ある夏の日、ぼくはとうとう見た――小川を流れていく赤い運動ぐつの中で、小指ほどしかない小さな人たちが、ぼくに向かって、かわいい手をふっているのを!日本ではじめての本格的ファンタジーの傑作。

くわしい内容を見る

今月の刊行

  • 危ない誕生日ブルーは知っている
―探偵チームKZ事件ノート―
  • ナポレオンと名探偵!
―タイムスリップ探偵団 フランスへ―
  • 13歳は怖い
  • 海は生きている
―自然と人間―
  • 世界一のパンダファミリー
―和歌山「アドベンチャーワールド」の
 パンダの大家族―
  • 新訳 名犬ラッシー
  • 吾輩は猫である(上)
  • 吾輩は猫である(下)
このページのTOPへ