今月のピックアップ!

  • 探偵チームKZ事件ノート
  • DAYS
  • 作家になりたい!
  • 岩貞るみこの感動ノンフィクション

大好きコロボックル!

2017年04月27日

映画「赤毛のアン」試写会プレゼント!
<25組50名さま>

美しい島、プリンス・エドワード島へやってきた、赤毛の女の子、アン。おしゃべりで、空想好きな、世界でいちばん愛されている女の子の物語「赤毛のアン」の映画が、5月6日より全国ロードショーされます! 
青い鳥文庫でも人気の「赤毛のアン」の映画試写会に、青い鳥っ子をご招待! ぜひ、家族やお友だちと、観に来てね。

映画「赤毛のアン」
2017年5月6日(土)より全国ロードショー
(c)2015 GABLES PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
提供:東急レクリエーション、ハピネット、協立広告、シナジー、東北新社
配給:シナジー

日時 試写会:4月27日(木) 開場18:00 開映18:30
場所 よみうりホール
(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)
詳細 試写会のお申し込みは、下のリンク先より、必要事項を入力して送信してください。

<応募はこちらをクリック!>
☆しめきり 2017年4月10日(月) 朝10時まで

◎抽選で25組50名さまに試写会ご招待状をお送りします。
*当選された方へは、4月16日までに招待状を発送します。
*招待状の発送をもって、当選発表とさせていただきます。
関連ページ 映画「赤毛のアン」公式サイト
関連書籍
赤毛のアン (新装版)

赤毛のアン (新装版)

世界中で愛されているカナダの小説、『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』。日本で広く知られている『赤毛のアン』というタイトルを思いついたのは、翻訳者である村岡花子(1893~1968)です。村岡花子は、第二次世界大戦中、防空壕に原稿を持ち込むなど苦労を重ねながら『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』の翻訳をすすめ、戦後、1952年(昭和27年)、日本の読者にようやく紹介することができました。50年近く愛されているこの村岡花子訳を、原作出版100周年の2008年、青い鳥文庫では、新装版として新たに編み直しました。児童向けとして割愛されていたエピソードを新たに収録、「さんざし」「いちご水」「腹心の友」など、往年のアンのファンに親しまれてきた表現はそのままに、「さしこ」は原語の「キルト」にもどすなど、いまの読者に、より親しみやすくしました。三代にわたって楽しめる「赤毛のアン」シリーズ。あなたも青い鳥文庫版で、アンと「腹心の友」になりませんか。<総ルビ>

くわしい内容を見る
関連シリーズ

赤毛のアン

世界でいちばん愛されている赤毛の女の子。
あなたもアンの「腹心の友」になってね。

今月の刊行

  • 学校の都市伝説は知っている
―探偵チームKZ事件ノート―
  • DAYS(1)
―出会い―
  • 作家になりたい!(1)
―恋愛小説、書けるかな?―
  • もしも病院に犬がいたら
こども病院ではたらく犬、ベイリー
  • ウォルト・ディズニー伝記
―ミッキーマウス、ディズニーランドを創った男―
  • 美女と野獣
―7つの美しいお姫様物語―
このページのTOPへ