今月のピックアップ!

  • エトワール!
  • もしも、この町で
  • キミマイ きみの舞

映画・テレビ特集!

2018年02月09日

火の鳥伝記文庫サイトオープンしました!

2017年10月に新創刊し、現在11冊が発売中の「火の鳥伝記文庫」。

新創刊を記念して、公式ウェブサイトがオープンしました!

新刊の情報や、みんなの感想、本や偉人にまつわるコラムなど、たのしいコンテンツをぞくぞく更新予定!

青い鳥文庫サイトの右にいる「ひのぴー」をクリックして、あそびにきてね~!!

関連ページ 火の鳥伝記文庫公式サイト
関連書籍
徳川家康 (新装版)

徳川家康 (新装版)

徳川家康は、1542年、愛知県の岡崎城で生まれました。 戦乱の世、3歳で母と生きわかれ、8歳で父・松平広忠とも死別、 19歳まで駿河の今川家の人質として成長します。 長じては、 織田信長、豊臣秀吉からも一目おかれる大名となり、巧みな戦略で勝ち残っていきます。 そして1600年、史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」に勝利し 江戸幕府を開きました。 戦国の世を生きぬき、ついには新しい時代をつくったのです。


 徳川家康は、1542年、愛知県の岡崎城で生まれました。 戦乱の世、3歳で母と生きわかれ、その後8歳で父・松平広忠とも死別、 19歳まで駿河の今川家の人質として成長します。 その少年時代は苦労の連続でした。
「おれは人数の少ないほうがきっと勝つと思うよ。」
後に徳川家康となる少年、竹千代は 河原で子どもたちが石をぶつけあう石合戦を見ていて 少ない人数のほうが勝つと予想しました。 予想は的中。大きな集団は、すっかり油断をしていて 小さな集団は、心をひとつにして戦っていたのです。 冷静に戦況を見つめ、勝機をつかむ、 竹千代は、天下一の武将への第一歩をふみだしていたのです。
 長じては、 織田信長、豊臣秀吉からも一目おかれる大名となり、巧みな戦略で勝ち残っていきます。 そして1600年、史上最大の合戦「関ヶ原の戦い」に勝利し、天下統一を果たすと、 その後260年以上続く江戸幕府を開きました。 未来を思いえがき、じっとチャンスを待った家康。 戦国の世を生きぬき、ついには新しい時代をつくったのです。 

*巻末に人物伝つき
*小学上級から 
*すべての漢字にふりがなつき

くわしい内容を見る

今月の刊行

  • エトワール!(6)
-旅立ちのコッペリア-
  • もしも、この町で(3)
-オレはここにいる-
  • キミマイ きみの舞(3)
-愛する叔母は花嫁に!?-
  • パンプキン! 模擬原爆の夏
  • 人狼サバイバル
-絶体絶命! 伯爵の人狼ゲーム-
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!