今月のピックアップ!

  • 生活向上委員会!
  • 作家になりたい!
  • 岩貞るみこのノンフィクション

秋特集!

2018年09月28日

第2回「青い鳥文庫小説賞」大募集!
(今年度の募集はしめきりました)

昨年度より開催し、ご好評いただいた「青い鳥文庫小説賞」。
今年度も、第2回「青い鳥文庫小説賞」を開催いたします!

明日の青い鳥文庫をつくる、「おもしろい話」を書いてみませんか?
青い鳥文庫にふさわしい小説であればジャンルは問いません。
小・中学生を読者対象としたオリジナリティあふれるエンターテイメント作品をお待ちしております!

【応募受付期間】
2018年7月27日(金)~9月27日(木)(当日消印有効)

【賞】
〈大賞〉 正賞の盾ならびに副賞の50万円
〈金賞〉 正賞の賞状ならびに副賞の20万円

【応募資格】
年齢およびプロ、アマチュアは問いません。

【選考委員】
青い鳥文庫編集部

☆応募要項☆------------------------------
【原稿枚数】
●1ページ40字×28行の縦書きプリントアウトで、80ページ以上100ページ以内。
(短編の連作の場合は、主人公が同一、あるいは内容に関連性があること。)
●A4サイズの用紙に横向きで印刷してください。(印刷は片面のみ、ページ番号をつけてください。)
●手書き原稿は不可です。
●作品冒頭に、400字~800字程度のあらすじ(物語の最初から最後まで説明したもの)をつけてください。

詳細 【応募方法】
●講談社青い鳥文庫サイトの小説賞ページ
http://aoitori.kodansha.co.jp/news/1/literature_award/ 
よりご応募ください。
①上記サイト上で必要事項を入力し、応募票を印刷のうえ、原稿の1枚目につけてください。
②2枚目に、あらすじ(400字~800字程度)をつけてください。
③3枚目以降に原稿をつけて、右上すみをひもでとじてください。

【応募原稿の送り先】
〒112-8001
東京都文京区音羽2-12-21
講談社 第六事業局「青い鳥文庫小説賞」係

【発表】
2019年2月中旬、青い鳥文庫サイトにて発表します。
(2018年12月中旬に1次選考通過作品、2019年1月中旬に2次選考通過作品を発表します。)

【応募上の注意】
●自作未発表、未投稿の作品に限ります。未完の作品は選考対象外となります。
●同一作品による、ほかの文学賞への二重投稿は認められません。
●入選作の出版権は講談社に帰属します。
●賞金は初版刊行時印税分に含まれます。
●応募作品は返却できません。必要な方は、かならずコピーをとっておいてください。
●その他選考に関するお問い合わせには応じられません。
●お送りいただきました皆さまのお名前・ご連絡先等は、新人賞に関するご連絡をさしあげるために使用させていただきます。ご本人の許可なくそれ以外の目的で使用することはいっさいございません。


【青い鳥文庫小説賞 よくある質問Q&A】
Q. あらすじの分量、内容、とじこみの順番について教えてください。
A. あらすじは、400字~800字に、お話全般(起承転結)がわかるように書いてください。とじこみの順番は上から、「応募表、あらすじ、原稿」となるようにしてください。

Q. パソコン原稿の書式が40字×28行になりません。
A. お使いのソフトの「ページ設定」で文字数を指定してください。「余白」を活用すると、きれいに見えます。

Q. 原稿のフォントについて、指定書体やサイズはありますか。
A. とくに指定しておりません。

Q. 同人誌に発表した作品でも応募できますか?
A. 商業出版を目的としない同人誌発表はさしつかえありませんが、同人誌が公募した賞の受賞作は対象外となることがあります。

Q. 応募作品は、何本かまとめて送ってもよいですか。
A. ご応募いただいてもかまいませんが、応募票はタイトルごとに作成してください。

Q. 青い鳥文庫の対象年齢は何歳ですか。
A. 小学3年生~中学生が読めるものとお考えください。

Q. 応募フォームに記入しましたが、印刷ができません。
A. 画面上に印刷ボタンは設定しておりません。ブラウザの印刷機能で印刷をしてください。どうしても印刷ができない場合は、送信したフォームと同様の内容をA4用紙に転記してお送りください。

Q. 応募フォームをまちがって送信してしまいました。送りなおしてもよいですか。
A. 再送していただければ、最新のものを採用いたします。ご連絡はいただかなくてけっこうです。

今月の刊行

  • 作家になりたい!(4)
―童話みたいにいかないね―
  • 生活向上委員会!(9)
―人との距離感―
  • 若草物語(1)
―仲よし四姉妹―
  • わたし、がんばったよ。
―急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。―
  • 青い鳥文庫版 小説
美少女戦士セーラームーン(2)
―月の王国のプリンセスー
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!