2013年7月1日更新
青い鳥文庫で読む宮部みゆきのミステリー
宮部先生にメッセージを送る

「本」というものは、絵がないし音楽も聞こえてこないし、ぱっと見ただけではツマラナイ活字が並んでいるだけです。でも、無口でおとなしくて目立たないクラスメイトが、話しかけてみると優しくて面白い子だったりするように、本も、実はとっても好いヤツなんですよ。一度友達になれば、ずっとずっと親しく付き合うことができます。(略)一冊の本の先には、この世界と同じくらい広い‘物語“の世界が開けています。そこではきっと、皆さんそれぞれのかけがえのない親友が、皆さんを待っていることでしょう。
(「ステップファザー・ステップ -屋根から落ちてきたお父さん-」あとがきより抜粋)

東京都出身。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、1987年「我らが隣人の犯罪」(青い鳥文庫では「この子だれの子」と改題)でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。1992年 「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞。1993年 「火車」で第6回山本周五郎賞。1997年 「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞。1999年 「理由」で第120回直木賞。2001年 「模倣犯」で毎日出版文化賞特別賞、02年第6回司馬遼太郎賞 、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門をそれぞれ受賞。2007年 「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞受賞。2008年 英訳版『BRAVE STORY』でThe Batchelder Award 受賞。


今月の刊行

  • DAYS(デイズ)(3)
―再スタートの夏―
  • 劇部ですから!Act.3
―恋とマクベス―
  • ぼくはネコのお医者さん

今月のピックアップ!

  • DAYS
  • 劇部ですから!

いぬ年特集!

  • もしも病院に犬がいたら
こども病院ではたらく犬、ベイリー

    もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー

    「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」 入院中の子どもたちを笑顔に変える!日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリ…

  • ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね――。…

  • 盲導犬不合格物語

    盲導犬不合格物語

    盲導犬の訓練を受けても、すべての犬が盲導犬になれるわけではありません。では、盲導犬になれなかった“不合格犬”たちはテスト…

  • タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    生きていてくれ!!涙の決断。犬たちの運命は? 南極で、ほんとうにあった物語。岩合光昭さんのお話ものっているよ!観測隊員…

  • フランダースの犬(新装版)

    フランダースの犬(新装版)

    青い鳥文庫の名作新装版少年ネロと愛犬パトラッシュの悲しい友情物語。「さあ行こう、パトラッシュ。ぼくたちは、たったふたり…

  • 新訳 名犬ラッシー

    新訳 名犬ラッシー

    ジョーの愛犬ラッシーは、村でいちばん賢くて美しいと評判のコリー犬。ところが、ある日ラッシーはお金持ちの公爵に買いとられ…

  • 豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    むかしコロボックルが飼っていたという、豆つぶほどの小さないぬ、マメイヌが、いまも生きているらしいという。クリノヒコとな…

  • 南総里見八犬伝(1)
―運命の仲間―

    南総里見八犬伝(1) ―運命の仲間―

      里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第…

  • はたらく地雷探知犬

    はたらく地雷探知犬

    地雷を探す。希望を見つける。自分たちの手で「生きる力」を取りもどしていく犬と人の物語。フォックストロットとクッキーは、…

  • 読書介助犬オリビア

    読書介助犬オリビア

    あなたは、犬に本を読んであげたことある?安楽死寸前のところを救われたオリビアと、落ちこぼれ小学校の中の、さらに落ちこぼれ…