シリーズの紹介

最新刊のお知らせ

DAYS 3 再スタートの夏

  • 石崎 洋司/文
  • 安田 剛士/原作・絵

インターハイ全国大会をかけた桜木高校との決勝戦。1対1のまま迎えた後半20分、ついにつくしがピッチに入った。桜高の犬童、成神のラインを懸命に阻止するつくし。そして聖蹟のカウンターアタックから、つくしの前に決定的なシュートチャンスが訪れるが!レギュラーのイスをめざして必死にボールを追いかける、聖蹟サッカー部員たち。それぞれの想いを知り、つくしは悩み迷いながらも、新たな決意をいだいていく--。


インターハイ全国大会をかけた桜木高校との決勝戦。一進一退の攻防で同点のまま迎えた後半20分、ついにつくしがピッチに入った。
桜高のキャプテン犬童、エースストライカー成神のラインを懸命に阻止するつくし。そして聖蹟のカウンターアタックから、つくしの前に決定的なシュートチャンスが訪れるが!
レギュラーのイスをめざして必死にボールを追いかける、聖蹟サッカー部員たち。それぞれの想いを知り、つくしは悩み迷いながらも、新たな決意をいだいていく--。

<ノベライズ 小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体670円(税別)

ISBN 9784062856812

石崎洋司先生からの
メッセージ

 お待たせしました!
『DAYS3』、いよいよ発売です!

 今回は、いままでの二巻より、さらにドラマチックなシーンがいっぱい!

 手に汗にぎる試合のシーンはもちろんのこと、引退していく笠原先輩、おじいちゃんのことを語る来須、敗戦のショックをひきずる風間やつくしのすがたには涙がとまらないし、かと思えば、勉強合宿や夏祭りのドタバタにはおなかをかかえて笑うし、次々とあらわになっていく先輩たちの意外な一面には心がふるえて……。

 そして、ぼくの個人的なイチ押しキャラ「生方千加子」さんも大活
やく~。
もう書いていて、ほんとうに、ほんとうに、楽しい一冊でした。

 もちろん、今回もイラストはすべて、安田剛士先生の描きおろし。
ぜひぜひ、この楽しさを、みなさんも味わってください!

このシリーズでいま読める本

つくしの奇跡の日々が、いまはじまる!
これからますます熱くなる「DAYS」、続刊お楽しみに!

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫