News

シリーズの紹介

小学6年生の美音(みおん)のクラスで、「嫌がらせ」事件が続いた。状況証拠的に「犯人」扱いされる美音。
無実の罪を証明できる?

最新刊のお知らせ

図書館B2捜査団 秘密の地下室

  • 辻堂 ゆめ/作
  • bluemomo/絵

「私、ぜったいに犯人じゃない!」 

小学6年生の美音のクラスで、ネット上に悪口が書かれる事件が起きた。
状況証拠的に、クラスメイトばかりか、担任の先生からも「いじめの犯人」扱いされる美音。
昼休みに居場所がなくて、屋上に続く階段にいた美音は壁の下に、小さくほられた文字に気づく。
そこに書かれた言葉に導かれて図書館へやってくると、さらにふしぎな落書きが美音を待っていて……。

本好き、ミステリー好きにはたまらない
「図書館B2捜査団」活動開始です!

<小学校中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体680円(税別)

ISBN 9784065199701

辻堂ゆめ先生からの
メッセージ

小学生の頃、秘密基地を作って遊んだことがあります。
近所の子たちと、家の近所にある畑の片隅に穴を掘って、ビニールシートを敷いて、中に座って……。
「大人たちが知らない自分たちだけの場所」を作ったことは、とても誇らしい思い出として、胸に残っています。

でも、それは私がのどかな場所に住んでいたからできたこと。
「うちの周りで秘密基地なんか勝手に作ったら怒られちゃうよ!」という人、多いのではないでしょうか?

『図書館B2捜査団』では、美音ら登場人物たちしか知らない、秘密の地下室が出てきます。
その地下室がどこにあるのかというと、日本中どこにでもあるあの場所――そう、図書館!

もし自分の街の図書館に、捜査団のアジトが隠されていたら……?
そんな想像をしながら読んでもらえたら嬉しいです!

このシリーズでいま読める本

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫