今月のピックアップ!

  • 龍神王子(ドラゴン・プリンス)!
  • 泣いちゃいそうだよ
  • 若おかみは小学生!
  • 劇部ですから!
  • 悪魔召喚!

藤田香先生ありがとう

シリーズの紹介

エトワール――それは「星」という意味。
世界の頂点、パリ・オペラ座バレエ団のもっともすぐれたダンサーだけにあたえられる称号……。

バレエが大好きな小学5年生の森原めいは、きょうもレッスンにはげんでいます! めいが通うバレエ教室の、今年の発表会の演目は「くるみ割り人形」。めいは勇気を出して、主役のクララのオーディションに挑戦することに! でも手ごわいライバルの登場で、主役にえらばれるのは、いったいだれ?

すてきなバレエシーンがいっぱい!
明日の舞台を夢見るめいの、本格的なバレエ物語です。

最新刊のお知らせ

エトワール!(4)
―白雪姫と小人たち―

エトワール!(4)
―白雪姫と小人たち―
ためし読み
本を買う
もっとくわしく

2018年04月14日ごろ発売

梅田 みか/作
結布/絵

 主人公のめいは、バレエが大好きな小学生の女の子。6歳から、有村千鶴先生の有村バレエスクールでレッスンをしています。 めいたちは6年生の9月を迎えました。今年も発表会演目が、千鶴先生から告げられました。作品は「白雪姫」。その日、ユウヤくんという新しいメンバーが入ってきたのです。杏樹とニューヨークの学校でクラスメイトだったユウヤ君は、フィギュアスケートからバレエに転向した少年でした。杏樹とユウヤは英語で話すので、梨央がそれに突っかかって・・・・・・。 今回の作品の練習の進め方はちょっと変わっていて、その役柄のキャラクターや振り付けを自分で考えることに。 いっぽう学校では、小学校最後の合唱コンクールに向けて、めいたちの6年3組は曲決めや練習などに一生懸命取り組みます。 6年生の秋から冬、発表会は!? 合唱コンは!? ドキドキハラハラの第4巻です。<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体700円(税別)

ISBN 978-4-06-285691-1

梅田みか先生からのメッセージ

2018.04.13

みなさん、こんにちは! 梅田みかです。
いつも、みなさんからのおたよりを読んで、
たくさんの元気をもらっています。
大好きなバレエをがんばるめいを、
応援してくれてありがとう!

「エトワール!」シリーズ第四巻『白雪姫と小人たち』では、めいは発表会で、梨央や杏樹と一緒に七人の小人役を踊ります。
そこに、杏樹がニューヨークで同級生だった男の子が転入してきたのを
きっかけに、梨央と杏樹の友情は大ピンチ! 
学校では、カナとハルトと一緒に合唱コンクールの委員になったのはいい
けど、どうやらめいが気づいていない恋が動き出していたみたい!? 
白雪姫と王子を踊る、さやかちゃんと透くんからも目が離せない……。

この物語を読んで、みなさんがめいと一緒にワクワク、ドキドキしてくれ
たらうれしいです!

このシリーズでいま読める本

「くるみ割り人形」「白鳥の湖」――シリーズ大人気刊行中!
毎日レッスンにはげむ、めいちゃんを応援してね!
  • エトワール!(1)
―くるみ割り人形の夢―
  • エトワール!(2)
―羽ばたけ! 四羽の白鳥―
  • エトワール!(3)
―眠れる森のバレリーナ―
  • エトワール!(4)
―白雪姫と小人たち―

みんなのおたより

2018年02月01日更新

大好きな「バレエ」に打ちこむめいちゃんは、とっても輝いてみえるよね☆ これからも、がんばるめいちゃんを応えんしよ~! めいちゃんの気持ちに共感するみんなの声を紹介します♪

「エトワール!」はじめて読んで、ものすごく感動しました。
『エトワール!(3)―眠れる森のバレリーナ―』は、まだ読んでないのでワクワクしています!
絵もとてもおしゃれでスラスラ読めます。

茨城県 小5女子 白田雅さん

わたしはめいちゃんと一緒でバレエが大好きです!
この本を読むたびに「わたしもバレエもっともっとがんばろう。」と思えます。
本当にこの本が大好きです。4巻も楽しみです!

熊本県 小6女子 さ~やさん

← ← ←
★『エトワール!(3)―眠れる森のバレリーナ―』にとどいた読者はがきです!

兵庫県 小5女子
原田ななさん

わたしも5年以上バレエをやっています。
なので、めいのまわりでおこるできごとや、めいの気持ちにはすっごく共感します。
わたしもバレエでフロリナ王女のバリエーションをおどったことがあるので、バリエーションって本当にむずかしいと言っていためいの気持ちがすっごくわかります。
「エトワール!」第4巻もすっごく楽しみにしています。
これからも「エトワール!」がんばって書きつづけてください!
応えんしています!

北海道 小5女子 クラウディアさん

友だちがバレエを習っていて、楽しいのかな、と思っていたけど、この本を読んでバレエも楽しくて、大変なんだなと思いました。
とってもおもしろいです。最新刊楽しみです。

栃木県 小4女子 夢リンさん

毎回、ワクワクのお話、楽しんでいます!
わたしは、3歳からバレエを習っていて、めいちゃんの発表会やコンクールでの気持ちがよくわかります!
また、バレエ用語を使って細かく振り付けも書かれているので、想像ができて楽しいです!
わたしの学校の友だちも読んでいるのですが、バレエのことを知らなくても、楽しんでいます。
たまに、バレエ用語の解説をしてあげて、「エトワール!」の話で盛りあがります。
これからも楽しみにしています!

埼玉県 中3女子さん

バレエを習い始めて、8年になる小学5年生です!!
わたしもめいと同じようにバレエが大好きです!
でも、アン・ドゥオールの大変さやスプリッツの痛さ、先生に怒られたときなどつらい時もあります。
そんな時にこの本に出会うことができました!!
「練習はわたしたちを裏切らない」と言う言葉にはげまされました!
本当にありがとうございます! めいと一緒に少しずつ成長していけたらいいなと思っています。
これからも、「エトワール!」楽しみにしていまーす!

埼玉県 小5女子 ♪あや リーナ♪さん

あなたの感想まってます!おたよりの送り方は「読者のひろば」を見てね

めいのバレエ教室

「バレエのこと、もっと知りたい!」というバレエ初心者さんに、めいちゃんがやさしく解説します。
これを読めば、『エトワール!』がも~っと楽しくなるよ!

☆「くるみ割り人形」はクリスマスのお話

題名の「くるみ割り人形」は、
クリスマス・イブに、少女クララが
プレゼントでもらった人形のこと。

じつはこの人形は、ねずみの王さまに
のろいをかけられた、人間の王子さまだったんです。
クララはこの王子さまといっしょに、冒険の旅に出ます。

雪のけしきや、お菓子の国のバレエが、とってもすてきなの。
ファンタジックで、人気の演目のひとつです。

バレエ「くるみ割り人形」がはじめて上演されたのは、
1892年、ロシア・サンクトペテルブルクの
マリインスキー劇場です。

作曲したのは、ロシアの作曲家・チャイコフスキー、
振り付けは、プティパの弟子のイワノフでした。

このときの評判はあまりよくなくて、
チャイコフスキーの死後、
ワイノーネンという振付家が作り直したものが
人気になったんですって。

このワイノーネン版をもとにしたものが、
現在多く上演されているそう。

バレエ団によって、演出や振り付けがちがうので、
わたしもいろいろ観てみたいな。(めい)

『エトワール!』を読んだ感想や、めいちゃんへの応援メッセージは、下の応募フォームから送ってね。
あなたのおたより、待ってます!

応募はこちらから

今月の刊行

  • 龍神王子! ドラゴン・プリンス(13)
  • 七つのおまじない
-泣いちゃいそうだよ-
  • 若おかみは小学生! 映画ノベライズ
  • 劇部ですから! Act.4
-魔の稽古合宿-
  • 悪魔召喚!(3)
  • 泣き虫しょったんの奇跡
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!