今月のピックアップ!

  • 氷の上のプリンセス
  • 妖界ナビ・ルナ
  • パスワード

日能研のおすすめ本!

  • リズム

    リズム

    中高生のバイブルとして読みつがれてきたロングセラーが、青い鳥文庫に登場!まわりのことが気になって思うように動いたり笑っ…

  • ロードムービー

    ロードムービー

    ★運動神経抜群で学校の人気者のトシと、気弱で友だちの少ないワタル。小学校5年生の彼らはある日、家出を決意する。5年生にな…

  • しずかな日々

    しずかな日々

    おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼ…

  • キャプテンはつらいぜ キャプテンシリーズ(1)

    キャプテンはつらいぜ キャプテンシリーズ(1)

    6年生は受験でぬけるというし、エースの吉野くんはやめたいというし……。町内会の少年野球チーム「ブラック=キャット」をおそっ…

  • 宇宙人のしゅくだい

    宇宙人のしゅくだい

    「ちょっとまって! わたしたちがおとなになったら、きっと戦争のない星にして、地球をもっともっと、たいせつにするわ……。」…

  • ユタとふしぎな仲間たち

    ユタとふしぎな仲間たち

    日本の名作ファンタジーが青い鳥文庫に。ユタの友だちは、なんと座敷わらし!鐘の音の輪に乗って、空を飛べるなんて……。満月の…

  • 次郎物語(上)

    次郎物語(上)

    乳母のお浜の愛につつまれて、のびのびと育った次郎は、5さいのある日、生家につれもどされた。が、口やかましい母になじめず、…

  • しっぽをなくしたイルカ 沖縄美ら海水族館フジの物語

    しっぽをなくしたイルカ 沖縄美ら海水族館フジの物語

    世界初 イルカの人工尾びれはできあがるのか?「フジ、もう一度、泳いで!」これはほんとうにあったイルカと人間たちの物語。…

シリーズの紹介

「ノンフィクション」とは、ほんとうにあったお話のこと。
いろんな仕事や、いろんな時代のできごとを、岩貞るみこ先生がとつげき取材して、読んでおもしろい物語にしあげました。
ほんとうの話だけがもつ、感動がいっぱい!
読書感想文にもぴったりです。 

最新刊のお知らせ

もうすぐでるよ!

もしも病院に犬がいたら
―こども病院ではたらく犬、ベイリー―

もしも病院に犬がいたら
―こども病院ではたらく犬、ベイリー―

2017年03月11日ごろ発売

岩貞るみこ/作

病院にはつらいことがたくさん。
だけど、ベイリーがやってきて、毎日が楽しくなった!

病院ではたらく犬「ファシリティ・ドッグ」、ベイリーが大かつやく!
感動ノンフィクション物語です。

ISBN 978-4-06-285608-9

青い鳥文庫ができるまで

青い鳥文庫ができるまで
ためし読み
本を買う
もっとくわしく

2015年07月11日ごろ発売

岩貞るみこ/作
藤田 香/カバー絵

2013年7月発売になり、新聞書評などでも話題になった本が、青い鳥文庫35周年の2015年、青い鳥文庫に!小学生の子どもたちに大人気の青い鳥文庫。編集部には日々、「どうやってつくっているの?」「わたしも小説家になりたい!」「何か月くらいで本ができるの?」などなど、子どもたちからたくさんの質問がきます。それならば!と、青い鳥文庫でもノンフィクションをたくさん書いている岩貞るみこさんが取材をはじめました。おもしろい本をとどけるために奮闘する作家、イラストレーターやデザイナー、編集部。そして、校閲や販売、印刷会社などなど、本作りには欠かせない、でも、子どもたちはよく知らない人々の仕事を追いました。物語を読みながら、本のできあがっていくさまがわかる、新しい本です。本が好きなあなたに、ぜひ読んでもらいたいです!<小学中級から・ノンフィクション・すべての漢字にフリガナつき><おもな内容>累計200万部突破目前の、とある大人気シリーズ。子どもたちへのクリスマスプレゼントにしたい!と最新刊・第14巻の12月発売を決めたものの、先生の原稿は遅れに遅れ……。果たして12月発売にまにあうのか?作家、イラストレーター、編集部、そして、校閲や販売、印刷所、取次、書店などなど、青い鳥文庫が書店に並ぶまでの人々の奮闘を描きます。4ヵ月におよぶ綿密な取材にもとづいた、臨場感あふれる現場の姿。これを読んだら、あなたも本を作りたくなっちゃうかも!

定価:本体650円(税別)

ISBN 978-4-06-285501-3

岩貞るみこ先生からのメッセージ

2017.01.13

知らないことを知ると、わくわくします。

いちばんになった人。
はじめてをやった人。
自分の好きなことを、思いきりやっている人。
仲間といっしょに、ひとつのことを成しとげた人。
失敗しても、負けないでがんばっている人。

そんな人たちに話をきくと、わくわくして、どきどきして、胸がぎゅーっとなって、よし、わたしもがんばろうって気もちになります。

ノンフィクションを書くということは、そのくりかえしです。
取材しているときは、いつもいつも楽しくて、もっともっと知りたくて、つい、時間をかけてたくさんきいてしまいます。
そして、取材が終わったら、わくわくが消えないうちに、このおもしろい話をはやく、みんなに伝えたいって思いながら書いています。

3月に出る本『もしも病院に犬がいたら』は、日本ではじめて、病院ではたらくファシリティドッグのベイリーと、そのハンドラーの森田優子さんのお話です。
森田さんは、病気やけがとたたかうこどもたちを笑顔にしたくて、看護師をやめてハンドラーになりました。

さいしょはうまくいかなくて、苦労の連続ですが、でも、森田さんのがんばりを見ていると、仕事は自分のためにするのではなく、だれかを幸せにするためにするんだなって、すごく思います。

ベイリーが、ものすごくかわいくて、取材中はわたしもとってもいやされました。
そのかわいさ、森田さんのいっしょけんめいさが伝わるように書いたので、ぜひ、読んでくださいね。 

このシリーズでいま読める本

岩貞先生の本を、も~っと読みたい人はこちら!
仕事の話、動物の話……きみの世界をひろげよう!
  • しっぽをなくしたイルカ 沖縄美ら海水族館フジの物語
  • 命をつなげ!ドクターヘリ 日本医科大学千葉北総病院より
  • ハチ公物語 -待ちつづけた犬-
  • ゾウのいない動物園 -上野動物園 ジョン、トンキー、花子の物語-
  • 青い鳥文庫ができるまで

この本も読んでみて!

岩貞先生の本は、まだまだあります。
いろんな感動ストーリーを読んでみてね!
  • 未来のクルマができるまで 世界初、水素で走る燃料電池自動車 MIRAI
  • わたし、がんばったよ。 急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。
  • お米ができるまで
  • わたしたちはいのちの守人 三人の看護師・助産師の現場
  • 東京消防庁 芝消防署24時 すべては命を守るために
  • 救命救急フライトドクター 攻めの医療で命を救え!

今月の刊行

  • 氷の上のプリンセス
—シンデレラの願い—
  • 妖界ナビ・ルナ(1)
—解かれた封印—
  • パスワード 学校の怪談
  • ドラキュラの町で、二人は
  • 走れメロス
—太宰治短編集—
このページのTOPへ