シリーズの紹介

もうすぐでる本

人狼サバイバル 神出鬼没! 100億円の人狼ゲーム(上)

  • 甘雪こおり/作
  • himesuz/絵

電子音で目覚めたおれは、シートベルトに拘束されていた。ここは、飛行機の中だ。目の前のスクリーンに、1人の男が映し出された。悪魔の力を借りて、ハヤトたち無実な子どもを、邪悪な人狼ゲームに巻きこんでいる張本人―伯爵だ。
9人のプレイヤー、突然渡された100億円、昼間にこっそり襲ってくる新たな狼……。人狼サバイバルの無限ループの絶望から、果たして脱出の希望はあるのか!?

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

ISBN 978-4-06-523801-1

最新刊のお知らせ

人狼サバイバル 頂上対決! 三つ巴の人狼ゲーム

  • 甘雪 こおり/作
  • himesuz/絵

 命懸けのリアル人狼ゲームに勝ちつづけたハヤトとウサギは、ついに伯爵と相まみえることに!?
 過去の5回のゲームでいっしょに戦った仲間たちの中に、今度はこちらを欺く敵も混ざっている? 狡猾極まりない狼と、息をひそめる吸血鬼を前に、善良な村人は、お互いを信じ切り、無事悪を追放できるのか? そして、最後に切り札を出して、伯爵に王手をかけるのは?

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体680円(税別)

ISBN 9784065225349

甘雪こおり先生からの
メッセージ

はじめまして。
このたび、「人狼サバイバル」を執筆いたしました、甘雪(あまゆき)こおりと申します。
本作は対面式のゲーム、「人狼ゲーム」をモチーフにしています。
人狼ゲームとは、仲間の中にまぎれこんだ、おそろしい人狼を、推理と話し合いで当てる遊びです。
※推理をまちがえると、仲間が人狼に食べられてしまいます。
この作品の登場人物の中にも、人狼がまぎれこんでいます。
それがだれなのか、ぜひ主人公といっしょに推理してみてください。

このシリーズでいま読める本

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫