シリーズの紹介

小児脳腫瘍の手術をした天音は、3年後に生きていられるかどうかわからないと聞き、ずっと夢見てたことを叶えたいと願う。それは、”本気の恋”。運命の恋が始まる!

最新刊のお知らせ

きみと100年分の恋をしよう はじめて恋が生まれた日

  • 折原 みと/作
  • フカヒレ/絵

脳腫瘍の天音は「3年生存率70パーセント」・・・・・・
だから、今、”本気の恋”がしたい

わたし、鈴原天音。じつは、わたしの頭の中には爆弾があるの。
3年生存率70パーセント・・・・・
3年後、生きていられるかどうかわからない。
だから、せいいっぱい今を生きようって決めたんだ。
わたしね、ずっと夢見てた。好きな人ができたら、
世界でいちばんの恋をしたいって。
だって、大人になるまで待っていられないから。
1年でも2年でも、“100年分に思える恋”がしたい!

〈小学中級から、すべての漢字にふりがなつき〉

定価:本体700円(税別)

ISBN 9784065192122

折原みと先生からの
メッセージ

はじめまして。折原みとです!
青い鳥文庫は、この「きみと100年分の恋をしよう」が、記念すべき第1作。
10代の頃から、青い鳥文庫の愛読者だったので、
ワクワクしながら、この小説を書かせていただきました。
主人公の天音ちゃんは、長野から横浜の中学校に転校してきた、中学2年生の女の子。
天音ちゃんには、ひとつだけ「秘密」があります。
もしかしたら、、、3年後まで、生きていられないかもしれないの。
だから、中学生活を、思いっきり楽しみたい!
親友も作りたいし、本気の恋もしたい。
前向きにがんばる天音ちゃんの前には、信頼できる友だちや、気になる男の子が、、、。
天音ちゃんになった気持ちで、みなさんに、星の森中学校の生活を楽しんでいただけたらいいな。
最近は、色々と不安なこともあるけれど、
この本を読んでいる間は、ドキドキしたり、きゅんとしたり、
いやなことを忘れて、シアワセな気持ちになっていただけたらうれしいです!
イラストもすっごくステキなので、楽しみに読んでくださいね♡

このシリーズでいま読める本

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫