今月のピックアップ!

  • 黒魔女さんが通る!!
  • 妖界ナビ・ルナ

サクラサク特集!

  • 次郎物語(上)

    次郎物語(上)

    乳母のお浜の愛につつまれて、のびのびと育った次郎は、5さいのある日、生家につれもどされた。が、口やかましい母になじめず、…

  • 銀河鉄道の夜-宮沢賢治童話集3-(新装版)

    銀河鉄道の夜-宮沢賢治童話集3-(新装版)

    ジョバンニとカムパネルラの二人の少年は、銀河鉄道にのって四次元へのふしぎな旅に出ます。美しい音楽を聞きながら、まるで銀…

  • シートン動物記(1)

    シートン動物記(1)

    愛するめすオオカミのブランカを助けようとして、ついに、わなにかかったおおかみ王「ロボ」、あわれなみなしごから、たくまし…

  • 赤毛のアン (新装版)

    赤毛のアン (新装版)

    世界中で愛されているカナダの小説、『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』。日本で広く知られている『赤毛のアン』というタイト…

  • 少年H(上巻) (新装版)

    少年H(上巻) (新装版)

    昭和初期の神戸。好奇心が人一倍旺盛な「少年H」こと妹尾肇は、毎日遊ぶことに大いそがし。洋服仕立て職人のお父さん、クリス…

  • ロードムービー

    ロードムービー

    ★運動神経抜群で学校の人気者のトシと、気弱で友だちの少ないワタル。小学校5年生の彼らはある日、家出を決意する。5年生にな…

  • 怪盗クイーンはサーカスがお好き

    怪盗クイーンはサーカスがお好き

    怪盗クイーンに不可能はない!! 飛行船で世界じゅうを飛びまわり、ねらった獲物はかならず盗む。怪盗クイーンに不可能はない。…

  • パスワードは、ひ・み・つ new(改訂版)-風浜電子探偵団事件ノート1-

    パスワードは、ひ・み・つ new(改訂版)-風浜電子探偵団事件ノート1-

    本格ミステリーと楽しいパズル!すべてはここからはじまる! パスワード1巻・改訂版!みんなに愛されて読み続けられている大人…

  • しずかな日々

    しずかな日々

    おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼ…

  • 物語ること、生きること

    物語ること、生きること

    「どうやったら作家になれますか」「『獣の奏者』や『精霊の守り人』みたいな話は、どうやって生まれてくるんですか」というご…

2018年11月15日

第1回

PROLOGUE

――なんで、ここにいるんだろう?
 のっぺりしたニースの海を見ながら、ぼんやり考える。

 自分の部屋を離れること、約1万キロ。目の前の水平線は、広げた両手よりも、長い。
 時間は、朝の7時。日本では、午後の2時。
  海岸脇の遊歩道は、幅が10メートルぐらいある。ジョギングする人、朝の散歩をする人、散歩させられている犬、観光客などでにぎわっている。
 遊歩道の隣は、自転車専用道。きちんと区分けされてるためか、自転車は、すごいスピードで走っていく。
 自転車専用道の隣は、右側通行の車道。自転車とは比べものにならない速さで、車やバス、オートバイが走っていく。
「……」
 見回しても、制限速度を示す道路標識が見当たらない。
 ぼくは、溜息を一つついてから、納得する。
 ――うん、ここは日本じゃない。フランスの南東部の都市、ニースだ。
 続いて、さっきから頭の中をグルグルしている疑問を、もう一度、考える。
 ――で、どうして、ぼくはニースにいるんだろう……?
 その疑問を片付けるには、2年ほど時間を遡らないといけない。

「次のクイーンの舞台はケニアにしましょう!」
 講談社青い鳥文庫の敏腕編集者にして、はやみねかおる担当の山室さんが言った。
「いいですね、ケニア! それでいきましょう!」
 打ち合わせは、この短い会話で終わった。
 あとは、資料を集めて書き始めるだけ。そう思ったが、打ち合わせは終わってなかったのだ。
 山室さんが、目を輝かせながら言う。
「ぜひ、ケニアに取材に行きましょう!」
 ――え?
 冗談だと思った。でも、彼は真剣だった。
「物語にリアリティを持たせるためには、取材に行って、ケニアの空気に触れなければいけません」
 力説する山室さん。
「いや……その理論だと、殺人事件を扱う推理小説を書く人間は、人を殺さないとリアリティが出せないことになりますけど」
 反論すると、
「人を殺すのは悪いことで、罰せられます。でも、ケニアに行くのは取材であって、罰せられることはありません」
 とても真っ当な意見が返ってきた。さらに、山室さんが熱く語る。
「地平線に沈むケニアの夕日を見たくありませんか?」
 ぼくは山に住んでるから、毎日のように、山に沈む夕日を見てるしな……。わざわざケニアに行かなくてもな……。
「サバンナを駆ける野生動物を見たくありませんか?」
 しょっちゅう、イノシシや猿や鹿を見てるしな……。
「ケニアに吹く乾いた風を頬に感じ、ウイスキーのオンザロックを飲む。これが、漢(おとこ)の浪漫だと思いませんか?」   
『男』ではなく『漢』を使って、山室さんが言った。
 50代になって、ますますデブ症出不精になったぼくは、これ以上会話を続けるとたいへんなことになると思った。
「大丈夫ですよ。ぼくが住んでる山の中も、ケニアみたいな野生の王国ですから――。もし書けなくなったら、そのときは行きましょう」
 ぼくは、そそくさと会話を打ち切る。


前作『怪盗クイーン ケニアの大地に立つ』

 その後、締め切りに追われるものの、平
穏な日々が続いた。
 クイーンのケニア編も書き上げ、ぼくは
毎日、原稿を書いたり洗濯物を干したり草
刈りしたりしていた。
 そして、今年の夏――。
「次のクイーンの舞台は、コロンビアにし
ましょう」
 山室さんが言った。
 ――ころんびあ?
 どこかの国名だとはわかったが、どのへ
んの国かは想像もできなかった。
 ぼくが返事をする前に、他の編集者の方が、山室さんを止めた。
「コロンビアは、渡航注意が出てる国じゃなかったか?」
「そうだっけ?」
 あっけらかんと答える山室さん。
 このとき、ぼくがわかったことは二つ。
 一つは、山室さんは海外へ行きたいということ。もう一つは、海外なら命の危険があるような場所でもかまわないということ。
 ぼくは、自分の命を守るために言う。
「次の舞台は、熱海に決めました。『怪盗クイーン 熱海編』を書きます!」
「……」
 山室さんは、とっても嫌そうな顔をした。

 しかし、クイーンの原稿にかかろうにも、ぼくは『都会のトム&ソーヤ』の締め切りで苦しんでいた。
 そんな中、ときどき、山室さんから連絡がある。
「熱海以外に、海外で、どこか行きたいところあります?」
「そういえば、この間、奥さんと『コートダジュールN゚10』というドラマを見ました。コートダジュールって、どこの国ですか?」
「コートダジュールは、フランス南部の保養地です」
「……」
 呆れた感じが出ないよう、山室さんが口調に気を遣ってるのがわかった。
「でも、フランスなら、クイーンにピッタリです。よし、コートダジュールにしましょう!」
 山室さんの明るい声。
 ぼくは、熱海観光協会の人間になったような気持ちで発言する。
「熱海で、浴衣を着て射的をするクイーンも、似合うと思いますけど……」
「コートダジュールなら、ニース。そして、モナコ。カジノに現れる怪盗クイーン。うん、グッと来るものがありますね!」
「……」
 山室さんの耳に、熱海観光協会の声は届かない。

 しばらくして、また山室さんからの連絡。
「会社から、ニース出張の許可が下りました!」
「……マジですか?」
「マジです」
 ニースというのが国名なのか地名なのか、確かめる気にならなかった。とにかく、『都会のトム&ソーヤ』の原稿ができず、ぼくは焦っていた。
「で、出発する時期ですが、10月末でどうです? さすがに、その頃なら原稿もできてますよね?」
「そりゃ大丈夫だとは思いますけど……」
「じゃあ、10月末にしましょう!」
「……」
 ぼくは、自分の首に真綿が巻かれていくのを感じる。
「いや、山室さん、落ち着きましょう! だいたい、ぼくのパスポートは期限切れです。外国へ行けません」
「安心してください。パスポートなんか、すぐにとれます」
「ぼくは、フランス語はともかく、英語も話せない、日本語オンリーの人間です。こんな人間をつれてフランスへ行くのは、灯油をかぶって花火をするようなものです」
「大丈夫です!」
 山室さんの力強い声。
 そういえば、以前、山室さんに「ビストロ」の言葉の意味を教えてもらったことを思い出す。それに、フランスへも家族旅行で何度も行ってると話していた。
 つまり、山室さんはフランスのスペシャリスト。言うなれば、フランス観光協会側の人間だ。
 ――ひょっとすると、有意義な旅になるのかもしれない。
 こんなことを考えてしまった段階で、ぼくの逃げ道は、完全に閉ざされている。
「じゃあ、締め切り頑張ってください」
 山室さんの明るい声。

 そして、気がつくと、パスポートの申請も成功し、大きめのスーツケースが用意され、
「ニースって、寒いのかな?」
 という奥さんの質問に、首を捻るようになっていた。
『都会のトム&ソーヤ』の原稿が完成し、担当編集者さんからOKをもらったぼくは、なるようになると思っていたのだ。
 それでも、スマホに翻訳ソフトのアプリを入れたのは、少しは冷静な気持ちが残っていたのだろう。

「旅支度はできましたか?」
 出発3日前――。
 山室さんの質問に、ぼくは「完璧です」と答えていた。
「でも、いろいろご迷惑をおかけすると思います。なんせ、ぼくはフランス語わかりませんし、山犬をつれていくようなもんですから――」
「大丈夫ですよ、はやみねさん。ぼくも、フランス語わかりませんから」
「え?」
 みなさんは、自分の周りで、空気の割れる音を聞いたことがありますか? もし聞きたいのなら、言葉のできない二人組で海外旅行を計画してみてください。きっと、あなたの周りで、ペキパキと音がすると思います。
 山室さんが、黙り込んでしまったぼくに言う。
「心配ないですよ。ぼくも、はやみねさんに教えてもらったアプリを入れましたから」
「……」
 ぼくは、山室さんとの会話を終えた後、コンピュータを立ち上げる。そして、『指さしフランス語会話』の本をAmazonで注文した。
 配達日は、フランス出発の前日。
 はたして、出国までに『指さしフランス語会話』は
届くのか? それは、神のミソ汁!
(結局、届きませんでした……)



これから「オーシャンズ2」のふたりに、どんな珍道中が待ちうけているのか……!?
次回更新は11月30日(金)予定です! お楽しみに!!

今月の刊行

  • 6年1組 黒魔女さんが通る!!(07)
-黒魔女さんの悪魔の証明-
  • 青い鳥文庫版 黒魔女さんの小説教室
-チョコといっしょに作家修行-
  • 妖界ナビ・ルナ(8)
-決戦と決別と……-
  • 夜カフェ(2)
  • 秘密のチャイハロ(1)
-この世は、金がすべてだ!-
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!