今月のピックアップ!

  • 黒魔女さんが通る!!
  • 妖界ナビ・ルナ

サクラサク特集!

  • 次郎物語(上)

    次郎物語(上)

    乳母のお浜の愛につつまれて、のびのびと育った次郎は、5さいのある日、生家につれもどされた。が、口やかましい母になじめず、…

  • 銀河鉄道の夜-宮沢賢治童話集3-(新装版)

    銀河鉄道の夜-宮沢賢治童話集3-(新装版)

    ジョバンニとカムパネルラの二人の少年は、銀河鉄道にのって四次元へのふしぎな旅に出ます。美しい音楽を聞きながら、まるで銀…

  • シートン動物記(1)

    シートン動物記(1)

    愛するめすオオカミのブランカを助けようとして、ついに、わなにかかったおおかみ王「ロボ」、あわれなみなしごから、たくまし…

  • 赤毛のアン (新装版)

    赤毛のアン (新装版)

    世界中で愛されているカナダの小説、『アン・オブ・グリン・ゲイブルス』。日本で広く知られている『赤毛のアン』というタイト…

  • 少年H(上巻) (新装版)

    少年H(上巻) (新装版)

    昭和初期の神戸。好奇心が人一倍旺盛な「少年H」こと妹尾肇は、毎日遊ぶことに大いそがし。洋服仕立て職人のお父さん、クリス…

  • ロードムービー

    ロードムービー

    ★運動神経抜群で学校の人気者のトシと、気弱で友だちの少ないワタル。小学校5年生の彼らはある日、家出を決意する。5年生にな…

  • 怪盗クイーンはサーカスがお好き

    怪盗クイーンはサーカスがお好き

    怪盗クイーンに不可能はない!! 飛行船で世界じゅうを飛びまわり、ねらった獲物はかならず盗む。怪盗クイーンに不可能はない。…

  • パスワードは、ひ・み・つ new(改訂版)-風浜電子探偵団事件ノート1-

    パスワードは、ひ・み・つ new(改訂版)-風浜電子探偵団事件ノート1-

    本格ミステリーと楽しいパズル!すべてはここからはじまる! パスワード1巻・改訂版!みんなに愛されて読み続けられている大人…

  • しずかな日々

    しずかな日々

    おじいさんの家で過ごした日々。それは、ぼくにとって唯一無二の帰る場所だ。ぼくは時おり、あの頃のことを丁寧に思い出す。ぼ…

  • 物語ること、生きること

    物語ること、生きること

    「どうやったら作家になれますか」「『獣の奏者』や『精霊の守り人』みたいな話は、どうやって生まれてくるんですか」というご…

2018年11月30日

第2回

デブ症出不精に関する一考察と旅支度

ぼくは、出不精だ。とにかく、知らない場所に行くのが好きじゃない。観光旅行に行くより、布団の中で夢を見ている方が向いている人間だ。
 どうして、こうも出不精になったのか?
 取材旅行記を書いていて、ちらっと考えてみた。
 一番の理由は、面倒くさいということだ。
 慣れ親しんだ山なら、湧き水の場所もいくつか知ってるし、栗や山芋がある場所もわかっている。しばらくは生活することもできるし、軍隊が山狩りに来ても「ここでは、おれが法律だ!」と戦うことができる。
 でも、知らない場所に行くとなると、それなりの準備がいる。この準備をするのが面倒で、嫌いなんだとわかった。
 しかも、海外となると、近くの公園に遠足に行く数倍の装備が必要になる。
 なんといっても、言葉の壁!
 フランス語で知ってるのは、「おるぼわある」と「めるしい」。意味は、辞書を調べるのが面倒なのでパス。(偉そうに「怪盗クイーン」にフランス語を登場させていますが、書くときには、辞書を調べながら書いてるのが実態です)。
解説
⇒良い子は知ってると思いますが、「Au revoir(さようなら)」「Merci(ありがとう)」ですね。


 英語に関しては、大学1年生の時に取らないといけない英語の単位を4年生になっても取れていなかったことで、使えないのがよくわかる。
 ――今さら、英語やフランス語を勉強する時間は無いし……。
 考えた結果、言葉に関しては、

① 山室さんに頼る。
② 翻訳アプリに頼る。
③ 酔っ払ったら、なんとなく通じる。

 この3つで準備完了。
 ――山室さん、フランス語はわからないと言ってたけど、英語は話せるようだから頼りになる。それに、一人の時は、翻訳アプリを使えばいい。あと、夜になって酒を飲めば、なんとなく言葉が通じるのはドイツで経験済み。
 完璧な準備だ!
 すると、山室さんからメールで連絡があった。
「ニースにいる日本人の方が案内してくれることになりました。ニース大学法学部の学生さんで26歳。「青い鳥文庫小説賞」の最終候補に残られた方です」
 ニース大学法学部! 460年ぐらい勉強しても入れないような大学のような気がする。(ちなみに、山室さんも法学部です)。
「お名前は?」
たるねい(仮名)さんです」
 ぼくは、心の中の準備ノートに、

④ 垂水寧太さんに頼る。 

 を、付け加える。
 言葉の壁問題はクリアできたので、次に着替えの準備。
 まずは、靴下と下着の替え。これだけで、宿泊日分を用意しなければならない。
 あとは、服――。シャツ3枚とズボンを2本、用意。それにプラスして、上からコートを羽織ればなんとかなるだろう。
 これだけで、かなりの荷物だ。
 心配なのは、気温。10年ほど前に行ったドイツは、やたら寒かったのを思い出す。
 ――まぁ、寒いのは我慢すればいいか。
 荷物が増えるのが嫌なので、防寒をあきらめる。(山に入るときは、荷物が増えても、ちゃんと防寒対策をします)
 靴は、いつも履いてる白スニーカー。自転車に乗る時用に、伸びる靴紐を使ってるのを、普通の靴紐に変える。
 ここまで用意して、ドイツに行ったときと服装が変わってないことに気づく。
 すると、山室さんからメールで連絡が入った。
「垂水さんから教えてもらいました。カジノには、ちょっとしたドレスコードがあるそうです。フォーマルっぽく見えるウォーキングシューズなどを用意してください」
「……」
 メールを読み終えたぼくは、辞書で「ドレスコード」や「フォーマル」の意味を調べる。
 よくわからなかったが、ちゃんとした格好をしなければカジノに入れないようだ。
 奥さんに相談したら、授賞式やパーティの時に着る服を出してくれた。黒シャツ1枚と黒ジャケット1着、黒ズボン1本、そして革靴とベルトが荷物に加わる。  
 服関係だけで、スーツケースの半分が埋まってしまった。
 他の荷物は、仕事用のノート2冊。ペン、2本。耳かきに爪切り、爪楊枝数本。スマホの充電ケーブルに変圧器とコンセントのコネクタ。歯ブラシなどの洗面用具。電気カミソリ、仕事用の眼鏡と読書用の眼鏡などなど――。
 すぐに使うものは、黒いセカンドバッグに入れた。
 ヒマラヤ登頂できそうなぐらいの装備を見て、ぼくは満足の笑みを浮かべる。
 すると、また山室さんからメールが入った。
「垂水さんから連絡がありました。ニースは日差しがきついのでサングラスがあったほうがいいようです。あと、雨が降りそうなので、折りたたみ傘があれば便利です」
 メールには、垂水さんが取材で行く場所の下見までしてくれてることが書かれていた。
 ぼくは、荷物の中に、垂水さんへのお土産――レトルトカレー4袋と地元のお茶、伸縮式孫の手を入れる。
 サングラスは、自転車用のものがあるので、それをスーツケースに入れる。
 奥さんに折りたたみ傘を出してくれるように言うと、子供たちが使っていて無いと言われた。
 慌てて、Amazonで注文する。
 ――あと、持っていくものは……。
 部屋を見回し、解説原稿を頼まれている文庫本を、セカンドバッグに入れる。
 完璧な荷造りに満足していると、机の上に置かれたパスポートが目にとまる。
「……」
 ぼくは、神速の動きで、パスポートをセカンドバッグに入れた。
 ふぅ……。

 今回の旅の目的は、二つ。
 一つは、もちろん、『怪盗クイーン フランス編』の取材。フランスの空気を感じることで、作品にリアリティを持たせるのがメイン。
 もう一つが、ハプニング。
 前回のドイツ旅行で、チェコに行く予定が、なぜかドイツのホフという地方都市に行ってしまったことがあった。日は暮れるし、電車の運行も終わってしまう。
 さぁ、どうしよう……? という状況。
 ぼくは野宿の準備をしようかと思っていたのだが、一緒にいた編集者さんがタクシーの運転手さんと交渉し、チェコまで深夜の国境突破! なんとかかんとか、チェコに着くことができた。
 講談社としては、こういうハプニングが起こるのを、また期待しているのだ。
 ――つまり、『はじめてのおつかい』のようなものをやれと?
 頭の中では、「ドレミファだいじょーぶ」が響き渡る。
 ――でも、敏腕編集者の山室さんとニース大学の垂水さんがついてるんだしな……。いくら、ぼくがバカやっても、ハプニングは起こりっこないな。
 ぼくは、のほほんと笑い、旅支度を終える。

「おうちに帰るまでが遠足です」という金言がある。
 つまり、旅というのは、無事に帰ってくるまでが大切なのだ。(行きっぱなしなら、それは旅ではなく、家出です……)
 ぼくも山室さんも、無事に帰ってくるというミッションを達成するため、オーシャンズになった。(オーシャンズについては『オーシャンズ11』や『オーシャンズ12』を、ご覧ください。雰囲気はつかんでもらえると思います)


Scene01 10月24日(水曜日) まだ日本にいるのです

 朝――。
 家を出たぼくは、大きなスーツケースをゴロゴロ引きずり、高速バスに乗る。
 名古屋駅まで、約2時間。そこから新幹線で1時間少々。
 品川駅に降りて、駅前のホテルに荷物を預ける。
 今日は、まだ飛行機に乗らない。『都会のトム&ソーヤ』の打ち合わせがあるのだ。
 14時、ホテルのロビーに現れたのは、美人編集者の磯村さん。そういえば、辣腕編集者の塩見さんから磯村さんに担当が代わり、磯村さんとは初めての打ち合わせではないだろうか?
 頭の中で響く「ドレミファだいじょーぶ」のボリュームを落とし、打ち合わせを始める。
 打ち合わせの内容を、どこまで書いていいのかわからないけど、とにかくテンションの上がる話が続く。
 それはもう、「夢を見てるのでは?」「ひょっとして、今日は4月1日?」と思ってしまうぐらい、いい話ばかりだった。
 これで、元気に出国できると思う反面、「この話がボツになったら……」という不安もあった。
 ――ボツになったら、立ち直れないな……。
 そのときは引退しようと思いながらも、こんないい気分でフランスに行けるのは、とっても幸せだ。
 磯村さん、ありがとうございます。そして、よろしくお願いします。

24日のヘルスケア
 ウォーキング+ランニングの距離   11.7km
 歩数                18.710歩

(ちなみに、23日は、
 ウォーキング+ランニングの距離   1.5km
 歩数                2.757歩 )


Scene02 10月25日(木曜日) 翼よ、あれがニースの灯だ!


 翌日は、とてもいい天気。
 ゆっくり寝てるつもりが、いつも通り5時に目が覚める。(年齢のせいか、朝が早くて……)。
 することもないので、持ってきた文庫本を読んで時間を潰す。でも、やっぱり落ち着かない。
 8時半まで我慢して、チェックアウト。
 大きなスーツケースを引きずりながら品川駅へ。飛行機のマークがついてる乗り場に行き、来た電車に乗る。
 東京というところは、時刻表を調べなくても、すぐに電車が来るから便利だ。1本乗り遅れても、数分待てば次の電車が来る。ぼくの住んでる山では、1本乗り遅れたら、1時間か2時間待つのが当たり前だ。最悪、電車が来ないときもある。
 羽田空港の国際線ターミナルに着いたのは、9時頃。山室さんとの待ち合わせ時間は10時半。
 ――この間に、待ち合わせ場所を確認しておこう。
 確か、山室さんのメールに、待ち合わせ場所は「国際線ターミナルの3階、時計塔前の『富士』」と書かれていた。
 このときのぼくは、時計塔の近くにある『富士』という和風の店を見つければいいんだと考えていた。
 エスカレーターで3階に行くと、すぐ大きな時計が目についた。近くに和風の店はあるけど、『富士』という名前ではない。
 つまり、ここは待ち合わせ場所ではない。
 ――オーシャンズになった今、こんなフェイントに引っかかるわけがない。
 ぼくは時計を無視し、たくさんの人であふれる3階フロアを歩く。
 染めたのではない金色の髪の人、ぼくより黒い肌の人、フランス人形みたいな女の子が走り回り、赤ん坊が泣いている。
 ――外国人でも、赤ん坊の泣き声は、あんまり違わないんだ。
 そんなことを思いながら、フロアを見回す。
 視界の右と左に、時計塔が一つずつ。
 その近くに、『富士』という店は無い。
 ――……。
 ぼくは、心の中で自分に言い聞かせる。
 ――まだ、あわてるような時間じゃない。
 わざとゆっくりした足取りで、まずは右の時計塔に向かう。そこにあったのは、「時計塔」と呼ぶ以外には、名前の見つからないもの。
 周りを見る。
 いくつかベンチがあるだけで、「富士」という店は無い。
 次に、左の時計塔に向かう。そこにあったのは――(以下、3行ほど省略)。
 ――さて、困った。
「時計塔は、二つあった」
 わかったような言葉を呟いても、さっぱり現状が理解できない。おまけに、『富士』は無い。
 ――この謎は、深い……。
 とりあえず、時計塔の近くのベンチに座り、深呼吸。続いて、背中のセカンドバッグから文庫本を取り出し、開く。
 数ページ読んだら、おもしろくてやめられない。一度読んであるんだけど、そんなの関係なかった。時間の経つのも忘れてしまう――。
 というわけで、気がついたら待ち合わせ時間の10分前。
 ぼくは、文庫本をセカンドバッグに片付け、また深呼吸。
 謎は解けていない。時間は迫る。
 こんなときに、打つ手は一つだ。
 ぼくは、重いスーツケースをゴロゴロ引きずり移動し、案内所のお姉さんに笑顔で話しかける。
「すみません、時計塔の近くの『富士』という店で待ち合わせを――」
 ぼくの関西弁を聞いて、お姉さんは瞬時にわかったのだろう。
「『富士』は、こちらの時計塔です」
 お姉さんは、左側の時計を手で示す。
 その言葉を聞いて、ぼくは理解した。
 ――二つの時計塔には、それぞれ名前がついている。そして、左側の時計塔の名前が、『富士』。つまり、『富士』は、店ではなく時計塔の名前だったのだ!
 謎が解けたぼくは、さわやかな笑顔をお姉さんに送り、お礼を言う。
 お姉さんは、田舎から出てきた無知な山犬には慣れてますという笑顔を、返してくれる。
 ぼくは、左側の時計塔に行き、ベンチに座る。なぜか、敗北感で、文庫本を開く気にもなれない。
 そうこうしているうちに、山室さんの登場! 彼は、自分が登場するまでに、熱い謎解きがあったのに気づいてるのだろうか?
 その後、円をユーロに両替。どうして、毎日毎日、ユーロの値段が変わるのかなどというややこしい説明は山室さんに任せ、ぼくは5万円という久々に見る大金を全てユーロに換えた。
解説
⇒政治や経済の状況など「いろいろな要因」(←ここ大切)で、日々変動しています。この日は、1ユーロ=約135円で両替しました。

 そして、手荷物検査。
 全てをクリアし、搭乗口へ。
「時間があるので、何か飲みましょう」
  空港に現れてから、手荷物検査やチケット購入など、全てを軽やかにクリアした山室さんが、爽やかに言った。
 待ち合わせ場所を見つけるまでに、すでにドロドロの敗北感を味わっていたぼくは、無言で頷く。
 でも、コーラを奢ってもらい、元気になりましたとさ。





えっ? まだ日本ですか? 展開ユルユルの「オーシャンズ2」、次こそはちゃんとニースにたどり着くのか!?
次回更新は12月14(金)の予定です。お楽しみに!

今月の刊行

  • 6年1組 黒魔女さんが通る!!(07)
-黒魔女さんの悪魔の証明-
  • 青い鳥文庫版 黒魔女さんの小説教室
-チョコといっしょに作家修行-
  • 妖界ナビ・ルナ(8)
-決戦と決別と……-
  • 夜カフェ(2)
  • 秘密のチャイハロ(1)
-この世は、金がすべてだ!-
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!