今月のピックアップ!

  • 黒魔女さんが通る!!
  • 怪盗クイーン
  • すみっこ☆読書クラブ
  • ねこやなぎ食堂

映画・テレビ特集!

2019年01月31日

第6回

Scene04 10月27日(土曜日) かじのろわいやる。


 いよいよ、今日はカジノへ行く日。
 はやる気持ちを抑えて、朝の散歩。昨日より少し波が高い。でも、まだ泳いでいる人がいる。いいなぁ……。
 9時半、ホテルに来てくれた垂水さんと一緒に駅へ。
 途中、雨にぬれた道で、走ってきたフランス人青年が思いっきりこける。すぐに立ち上がり走り去ったけど、垂水さんが感心する。
「さっきの人、すごいですよ。こけてから立ち上がるまでの短い時間に、悪態を3つ言いましたよ」
 フランス人の青年、侮りがたし……。

ニース・ヴィル駅からモナコへ出発!

 

 切符を買う。
 タッチパネルをチャッチャと操作する山室さんと垂水さん。ぼくは、日本語のタッチパネルでも操作できないので、まるで魔法を見るような気分で二人を見ている。
 買った切符をチェックする機械が故障していて、チェックしないまま改札を通る。
 改札は、係の人がいるわけでも、機械が通せんぼしているわけでもない。切符を持っていなくても通れる。
 このやり方は、ドイツでも同じだった。
 切符を買わずに列車に乗り、もしバレたら何倍もの運賃を払わなくてはならない。だから、ほとんどの人がちゃんと切符を買う。

  列車は、大きい! しかも、一部2階建て!
 当然、2階席に座って、モナコに向かう。


 さて――。
 普通に、「モナコ」と書いてるけど、モナコはフランスではない。独立都市国家だ。
 えらそうに「独立都市国家」と書いてるけど、詳しいことは知らない。各自で調べてほしい。
解説
⇒モナコは、1861年にフランス保護下の公国として独立。バチカン市国についで世界で2番目に小さい国で、広さはだいたい東京ディズニー・リゾートぐらいの大きさです。


 ぼくが知ってるのは、モナコにはカジノがあるということや、モナコGPぐらいだ。


 モナコの駅に着いたのは、10時半ぐらい。
 駅の周辺は、ニースと違って、ゴミゴミと賑やか。郊外の巨大ショッピングセンターに来たような感じがする。(個人の感想であり、モナコ駅周辺を正確に表現しているものではありません)。
 入り江には、大きなヨットやクルーザー。
 ただ、道路は、フェラーリやポルシェなどの高級車だけでなく、大衆車も、ものすごく汚れた車やボコボコにへこんだ車も走っている。
 どうして走れるのだろうというぐらい、壊れた感じの車もあった。
 一番衝撃的だったのは、ボンネットの代わりにビニールシートを貼った車。日本なら、警察に止められるレベルだ。写真を撮れなかったのが、つくづく残念。


指さしてるけど、山室さんの車ではありません。

 歩いて、丘の上のカジノへ。
 カジノの駐車場には、マセラッティが停まっていた。
「はやみねさん、写真を撮ってください!」
 山室さんが、少年の瞳で言った。
 裸婦像と撮ったときより、目がキラキラしている。
  山室さんは、まさにスーパーカー世代。マセラッティを見たら、黙っていられない気持ちは、じゅうぶん想像できる。

 カジノの前には、団体観光客など、たくさんの人。みんな、11時の入場を待っている。
 入り口には大きな体の黒服が二人。たとえアメリカ大統領が来ても、時間にならなければ通さない! という雰囲気で立っている。
 ぼくは大統領でもないし、そこまでして早く入場したくないので、おとなしく時間が来るのを待つ。

1878年開館のカジノ・ド・モンテカルロ。


 でも――。
 11時になっても、入場できない。
 他の観光客は、時間におおらかなのか、カジノ前で記念写真を撮ったりして気にしてない様子。
「黒服の人に、訊いてきます」
 垂水さんが、サッと動く。
「工事の関係で、一般の入場は午後2時からになったそうです」
 すぐに帰ってきて報告する垂水さん。フランス語を話せるというのは、本当に凄い。ぼくなら、この説明を聞き出すのに5、6年ぐらいかかるところだ。
 3時間の余裕ができたため、ぼくらは丘の反対側にあるモナコのお城に向かう。

 途中、「カジノ」という名前のスーパーマーケットや、「PLANET  SUSHI」という店を見つける。
「プラネット スシ」……。日本語にしたら、「惑星寿司」。いったい、どんなお寿司を出してくれるのだろうか……?
 ドイツのスーパーマーケットで、無茶苦茶な寿司の作り方をビデオで流していたのを思い出した。(お米を酢で煮ていた段階で、別の食べ物だと思う)。


 お城は、丘の上。行くには、長い坂を登らなくてはいけない。いろんな国の人が、ふぅふぅ言いながら、坂を登っている。
 考えてみたら、城に行くのに苦労するのは当然だ。簡単に行けるような城なら、すぐに攻め落とされてしまうだろう。


 お城から、グレース・ケリーのお墓があるモナコ大聖堂へ向かう。
 グレース・ケリーというのは、アメリカの女優さん。どこかの王女様になったという話は聞いてたけど、詳しくは、各自で調べてほしい。あと、『ダイヤルMを廻せ!』は、おもしろい。
解説
⇒グレース・ケリー(1929-1982年)。1956年にモナコ大公と結婚し公妃となったが、52歳のときに自動車事故で急逝。


 大聖堂も、多くの観光客で賑わっていた。こんなに賑やかだと、グレース・ケリーも安らかに眠っていられないのではないかと心配になる。
 大聖堂の次は、モナコの水族館。
 ぼくは、水族館や動物園、博物館などに行きたがる人は、知的レベルの高い人だというイメージを持っている。現に、山室さんや垂水さんは、目を輝かせている。
 ぼく?
 正直、海に潜って魚を見てるので、わざわざ水族館に入らなくてもという気持ちはある。でも、楽しそうな二人に水を差してはいけないという気持ちと、地中海の魚はどんなのだろうかという興味で、中に入る。
 しかし、魚は魚。
 地中海でも近所の海でも、そんなに違いはない。現に、タイやヒラメもいるし、ベラによく似た魚もいた。
 たいていの魚は、美味しく食べられそうだった。山室さんは、ぼくがベラを食べるというと驚いていた。(関東の人って、ベラを食べないんですよね……。そういえば、ボラも泳いでいたので「ボラのヘソ」って食べたことあります? って訊いたら、妙な顔をされた。ボラのヘソ、美味しいのに……)

ニモの大群

 垂水さんは、水族館の魚を「旨そうか不味そうか」で見る人は初めてだと、感心というより呆れていた。
 たくさんクマノミが泳いでる水槽があったので、「一網打尽にして、唐揚げにするのがいい」というと、
「ニモを唐揚げにするなんて!」
 と獣を見るような目を向けられた。
 ちょっとばかり映画にでたからといって、小魚であることに変わりはない。小魚は、高温の油で揚げて、骨ごと食べる――これが基本だ! ……と思うんだけど……。


 水族館を出たところで、雨。
 雨宿りを兼ねて、昼食を取る。
 ぼくら3人が注文したのは、魚料理とワイン。水族館に行って、3人とも魚が食べたくなったようだ。
 お店のマスターも奥さんも、日本のことをよく知ってるようで、折り紙の鶴と奴さんをあげたら、店に飾ってくれた。
 山室さんが、「鶴、折れるんですね」と意外そうな顔をしたが、ぼくらの世代では、たいていの人が折れると思う。



はやみね先生の折った鶴は、言葉の壁を越えて、現地の人を笑顔にさせていました。
良い子のみなさんも、小さい頃から折り紙を覚えておきましょう!
次回、2月15日(金)更新ではカジノへ潜入! お楽しみに。

今月の刊行

  • 6年1組 黒魔女さんが通る!! (08) 
−黒魔女さんの呪いの学園−
  • 怪盗クイーン ニースの休日 
−アナミナティの祝祭・前編−
  • すみっこ☆読書クラブ 事件ダイアリー(1)
−友だち0人からの交換日記!?−
  • ねこやなぎ食堂 レシピ1
  • 命をつなげ! ドクターヘリ2
−前橋赤十字病院より−
  • ほんとうにあった犬の話
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!