今月のピックアップ!

  • 黒魔女さんが通る!!
  • ふしぎ古書店
  • 生活向上委員会!
  • エトワール!
  • 戦国武将物語

大好きコロボックル!

シリーズの紹介

名だたる武将たちが割拠(かっきょ)した戦国時代。
ある者は夢に生き、またある者は夢に散った――。
歴史を動かした戦国武将たちの生涯をドラマチックにえがいた「戦国武将物語」シリーズ! 英雄たちの胸が熱くなる戦いぶりに、ページをめくる手が止まらない!

*歴史がもっとわかる地図や年表つき!
*1冊読み切りで、どの巻から読んでもOK!

最新刊のお知らせ

徳川四天王
―戦国武将物語―

徳川四天王
―戦国武将物語―
ためし読み
本を買う
感想を書く

2017年05月13日ごろ発売

小沢章友/作
甘塩コメコ/絵

十九歳までの人生の三分の二を他家の「人質」として過ごした苦労人、徳川家康。家康には、後の世の人に「徳川四天王」とよばれるようになった、名臣中の名臣がいた。酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政である。今川家に忍従するように仕え、武田家とは死闘を繰り広げ、信長、秀吉と互角にわたりあえるまでになり、苦労に苦労を重ねてついに天下をつかんだ家康――。四人の男はいかにして家康をささえて天下を取らせたのか。<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体650円(税別)

ISBN 978-4-06-285629-4

小沢章友先生からのメッセージ

2017.04.28

ぼくは子供のころから、
戦国時代の武将たちがどのように生きて、
どのように戦ったかを、
あれこれと想像するのが好きでした。

戦国武将たちの生きざまのおもしろさは、
なによりもそれらが現実にあったこと、
歴史的な「事実」にもとづいていることです。

今回の「徳川四天王」は、
家康が天下をとるのに多大な功績をはたした
四人の名臣の物語です。

大河ドラマ「井伊直虎」が育てた猛将、井伊直政(いい なおまさ)。
徳川三代につかえた賢臣、酒井忠次(さかい ただつぐ)。
無敵の槍(やり)をふるう闘将、本多忠勝(ほんだ ただかつ)。
「無」の旗印をかかげた知将、榊原康政(さかきばら やすまさ)。

ひとりひとりが魅力あふれる「徳川四天王」の生きざまを
ぜひ、この物語で体験してみてください。

このシリーズでいま読める本

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康……あの歴史人物たちはどのように生き、どのように戦ったのか!? 1冊読み切りだから、好きな人物から読んでみよう!
  • 織田信長 ―炎の生涯― 戦国武将物語
  • 豊臣秀吉 ―天下の夢― 戦国武将物語
  • 徳川家康 ―天下太平― 戦国武将物語
  • 黒田官兵衛 戦国武将物語 ―天下一の軍師―
  • 武田信玄と上杉謙信
―戦国武将物語―
  • 真田幸村 ―風雲! 真田丸― 
戦国武将物語
  • 大決戦! 関ヶ原
―戦国武将物語―
  • 徳川四天王
―戦国武将物語―
  • 平清盛 ―運命の武士王― 歴史英雄伝
  • 飛べ! 龍馬 -坂本龍馬物語-

この本も読んでみて!

小沢章友先生の本をも~っと読んでみたい人はこちら! 中国の英雄たちの戦いをえがいた『三国志』シリーズや、サルの孫悟空が大かつやくする冒険物語『西遊記』など、まだまだあるよ!
  • 三国志(1) ~飛龍の巻~
  • 三国志(2) -風雲の巻-
  • 三国志(3) -激闘の巻-
  • 三国志(4) -火炎の巻-
  • 三国志(5) -大願の巻-
  • 三国志(6) -流星の巻-
  • 三国志(7) -死生の巻-
  • 三国志英雄列伝
  • 西遊記 (新装版)

今月の刊行

  • 6年1組 黒魔女さんが通る!!(03)
―ひみつの男子会!?―
  • ふしぎ古書店(5)
―青い鳥が逃げだした!―
  • 生活向上委員会!(4)
―友だちの階級―
  • エトワール!(2)
―羽ばたけ! 四羽の白鳥―
  • 七時間目の怪談授業
  • 徳川四天王
―戦国武将物語―
このページのTOPへ