2014年4月1日更新
読みはじめたらとまらない! すごいファンタジーが青い鳥文庫に登場 『獣の奏者』 全4巻刊行スタート!
子どもからおとなまで、多くの読者をひきつけてやまない、
類まれな才能を持ち合わせたエリンと、崇高な獣・王獣の壮大な大河物語。
いままで読んだことのないような深い感動を、青い鳥文庫読者へ、全8巻でお届けします!
獣の奏者

『獣の奏者』登場人物
主人公 エリン
「闘蛇(とうだ)」という戦闘用の獣を育てる村で育った。母を失って村をはなれ、数奇な運命をたどる。
ジェシ
エリンの息子。好奇心旺盛な男の子。第5巻から登場!
ソヨン
エリンの母。「闘蛇(とうだ)」の世話をする優秀な獣ノ医術師(けもののいじゅつし)だったが、闘蛇の死の責任を問われて刑死。
ジョウン
蜂(はち)飼い。孤児(こじ)となったエリンをひきとり、めんどうをみる。
エサル
ジョウンの学友。カザルム王獣保護場の学舎で、教導師長を務める女性。
ユーヤン
カザルム学舎に二人しかいない女子学生の一人。エリンの親友。
ハルミヤ
リョザ神王国の真王(ヨジェ)で、聡明でやさしい老女。
セィミヤ
ハルミヤの孫でつぎの真王(ヨジェ)となる娘。
ダミヤ
ハルミヤの甥。
大公(アルハン)
闘蛇をあやつる兵を持ち、リョザ神王国の国防をになう重臣。
シュナン
大公(アルハン)の長男。
イアル
真王(ヨジェ)の護衛士「堅き楯(セ・ザン)」の一人。
『獣の奏者』登場人物

作者・上橋菜穂子先生からのメッセージ
 はじめまして、上橋菜穂子です。
 「青い鳥文庫」では、はじめまして、ですけれど、もしかすると、「守り人(もりびと)」シリーズは読んでくださった方がいらっしゃるかもしれませんね。

 この『獣の奏者』は、ものすごい力をもつ巨大な獣と、その獣に心を伝える方法を見つけてしまった少女の話です。大きな獣の背に乗って天空を飛んでみたいと思う人は、ぜひ読んでみてください。

 物語は、読む者をわしづかみにして、遠いところへ連れていく力を秘めています。
 その力を、どうか、思うぞんぶん味わってください!
主人公 エリン
作者・上橋菜穂子先生からのメッセージ

『獣の奏者』ニュース!!

上橋菜穂子先生が、国際アンデルセン賞の作家賞を受賞!
2014年、「児童文学界のノーベル賞」といわれる栄誉ある賞に、日本人としては4人目に受賞されました。重厚なテーマをもつ上橋先生の作品は、日本ばかりでなく海外でも高く評価されています。上橋先生、おめでとうございます!


アニメ『獣の奏者』が放送されました!
2009年、NHK(Eテレ)にて、アニメ版『獣の奏者』が放送されました。「闘蛇編」「王獣編」あわせて全50話。上橋菜穂子先生も制作にかかわったこのアニメは、NHK教育テレビの開局50周年記念番組として作成され、好評を博しました。
主人公 エリン
『獣の奏者』ニュース!!
ジュニア編集者の感想

『獣の奏者(1)』を読んだジュニア編集者に、感想をきいてみたよ。

三笘 源さん(福岡県・小5)
まず最初に題名や、「霧の民(アーリョ)」や「闘蛇(とうだ)」という言葉をみて、「これはどういうお話なんだろう?」と思って読んでみたら、どんどん読むのに夢中になって、本の世界にずるずると吸いこまれていきました。

今野裕莉香さん(神奈川県・中1)
エリンが、母を助けるために刃物を持って泳いでいくシーンで、ハラハラしました。「獣に心を伝える方法を見つけてしまった。」というのが気になります。どんな展開でそうなるのか、続きがすごく読みたいです。

主人公 エリン
ジュニア編集者の感想

ためしよみ
『獣の奏者(1)』
ためしよみ
『獣の奏者(2)』
ためしよみ
『獣の奏者(3)』
ためしよみ
『獣の奏者(4)』
ためしよみ
『獣の奏者(5)』
ためしよみ
『獣の奏者(6)』
ためしよみ
『獣の奏者(7)』
ためしよみ
『獣の奏者(8)』
ためしよみ
ためしよみ
獣の奏者
獣の奏者公式サイトはこちら

読みはじめたらとまらない! すごいファンタジーが青い鳥文庫に登場 『獣の奏者』 全4巻刊行スタート!

今月の刊行

  • 怪盗クイーン
ケニアの大地に立つ
  • 氷の上のプリンセス
―自分を信じて!―
  • 妖界ナビ・ルナ(4)
―火をふく魔物―
  • ふしぎ古書店(6)
―小さな恋のひびき―
  • はいからさんが通る(上)
  • アナザー修学旅行
  • 生きているだけでいい!
―馬がおしえてくれたこと―

今月のピックアップ!

  • 怪盗クイーン
  • 氷の上のプリンセス
  • ふしぎ古書店
  • エトワール!
  • 探偵チームKZ事件ノート
  • 龍神王子(ドラゴン・プリンス)!
  • 生活向上委員会!
  • 作家になりたい!
  • 黒魔女さんが通る!!
  • 劇部ですから!

小説を書こう!