今月のピックアップ!

  • DAYS
  • 劇部ですから!

いぬ年特集!

  • もしも病院に犬がいたら
こども病院ではたらく犬、ベイリー

    もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー

    「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」 入院中の子どもたちを笑顔に変える!日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリ…

  • ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね――。…

  • 盲導犬不合格物語

    盲導犬不合格物語

    盲導犬の訓練を受けても、すべての犬が盲導犬になれるわけではありません。では、盲導犬になれなかった“不合格犬”たちはテスト…

  • タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    生きていてくれ!!涙の決断。犬たちの運命は? 南極で、ほんとうにあった物語。岩合光昭さんのお話ものっているよ!観測隊員…

  • フランダースの犬(新装版)

    フランダースの犬(新装版)

    青い鳥文庫の名作新装版少年ネロと愛犬パトラッシュの悲しい友情物語。「さあ行こう、パトラッシュ。ぼくたちは、たったふたり…

  • 新訳 名犬ラッシー

    新訳 名犬ラッシー

    ジョーの愛犬ラッシーは、村でいちばん賢くて美しいと評判のコリー犬。ところが、ある日ラッシーはお金持ちの公爵に買いとられ…

  • 豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    むかしコロボックルが飼っていたという、豆つぶほどの小さないぬ、マメイヌが、いまも生きているらしいという。クリノヒコとな…

  • 南総里見八犬伝(1)
―運命の仲間―

    南総里見八犬伝(1) ―運命の仲間―

      里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第…

  • はたらく地雷探知犬

    はたらく地雷探知犬

    地雷を探す。希望を見つける。自分たちの手で「生きる力」を取りもどしていく犬と人の物語。フォックストロットとクッキーは、…

  • 読書介助犬オリビア

    読書介助犬オリビア

    あなたは、犬に本を読んであげたことある?安楽死寸前のところを救われたオリビアと、落ちこぼれ小学校の中の、さらに落ちこぼれ…

青い鳥文庫ってなに?

青い鳥文庫は、小中学生の「おもしろい本が読みたい!」の声に
こたえます!

創刊は1980年

みんなが夢中になる、
おもしろい話がいっぱい!
青い鳥文庫は、小中学生のみんなが
生まれるよりずっと前から、
たくさんの読者に愛されてきました。

いろんなジャンルがせいぞろい

ファンタジー、ミステリーや
友情ものから、ノンフィクション、
日本や世界の名作まで、
きみの読みたい本がきっとある!

読みやすい工夫がいっぱい

漢字にはふりがなつき。
楽しいさし絵も入って、
ページをめくる手が止まらない!

学校の授業にも強い

「朝の読書」や読書感想文もおまかせ!
歴史に強くなるシリーズもあります。
「楽しく読んでいるうちに、国語が得意に
なっちゃった。」
っていう青い鳥っ子がいっぱいいます。

本がもっと好きになる!

青い鳥文庫には、
本が大好きな読者がたくさんいます。
サイトやサイン会などの
イベントで、本好きな仲間と
いっしょに、もっともっと本を
楽しんじゃおう!

おとなの方へ

青い鳥文庫は、書きおろしの新作から日本や世界の名作まで幅広くとりそろえ、「子どもが初めて自分で選ぶ本」として小中学生の高い支持を得ています。

青い鳥文庫の創刊は、1980年です。創刊当時に読者だった方が、いまでは親世代となり、「親子で読んでいます。」といった声もいただくようになりました。

物語が持つ力は、いつの時代も変わりません。本が届けるたくさんのワクワクとドキドキを、どうぞご家族でお楽しみください。

青い鳥文庫の特色

① 子どもが「初めて自分のおこづかいで買って読む」
児童書です。
「親から与えられる本」から「自分ですすんで読む本」へ。「自分で選ぶ。判断する」は、まさに「生きる力」。一番多くを吸収する多感な時期に、真の「読書力」をはぐくむ文庫です。
② 口コミで広がっている文庫です。
子どもは、本当におもしろいと思った本は、「これ、おもしろかったよ」と学校で友達に勧めます。青い鳥文庫は子どもの口コミで広まった文庫です。
③ 保護者や学校教員からも厚い信頼を得ている文庫です。
初期の読者が、いまや親世代となり、「親子二代で読んでいます」という家族も多くいます。また、名作やノンフィクションなど、保護者や学校教員も納得するタイトルも多く持っています。
④ 本を愛する子どもたちが
一番集まってる文庫です。
「青い鳥文庫ファンクラブ」の会員数はおよそ4000人。また、作家の方のサイン会や「青い鳥文庫夏まつり」では多くの熱心な読者が詰めかけます。

青い鳥文庫の人気シリーズ

  • 「クレヨン王国」シリーズ
    1980年~ 累計500万部

  • 「パスワード」シリーズ
    1995年~ 累計400万部

  • 「名探偵 夢水清志郎」シリーズ
    1994年~ 累計350万部

  • 「黒魔女さんが通る」シリーズ
    2005年~ 累計400万部

  • 「若おかみは小学生」シリーズ
    2003年~ 累計300万部

下のページで、学年別のおすすめ本をご紹介しています。

今月の刊行

  • DAYS(デイズ)(3)
―再スタートの夏―
  • 劇部ですから!Act.3
―恋とマクベス―
  • ぼくはネコのお医者さん
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!