大好きコロボックル!

今月のピックアップ!

  • 龍神王子(ドラゴン・プリンス)!
  • パティシエ☆すばる
  • 妖界ナビ・ルナ
  • 千里眼探偵部
  • アイドル・ことまり!

「大きな文字の青い鳥文庫」発売中!

視力の弱い小中学生にも、読書の楽しさをもっと味わってほしい! そんな思いから、「大きな文字の青い鳥文庫」を刊行しました。名作からいま話題の人気シリーズまで、青い鳥文庫編集部が選んだ作品が発売中です。 文字は、読みやすさに配慮したゴシック体で、通常の約2.5倍の大きさの22ポイントのものを使用しています。今後も定期的に刊行をつづける予定です。どうぞお楽しみに!

◎青い鳥文庫では2009年に、文字を拡大した青い鳥文庫を全国の視覚障害特別支援学校へ寄贈しました。現在販売しているものは、その市販版です。

ご注文・お問い合わせ先

通常の青い鳥文庫とは異なり、「大きな文字の青い鳥文庫」は一般書店ではご購入できません。注文ごとに1冊ずつ印刷・製本するオンデマンド出版ですので、インターネットか電話、ファックスでご注文ください。「大きな文字の青い鳥文庫」は、下記の「読書工房」でのみご注文を受け付けています。

【有限会社 読書工房
TEL.03-5988-9160 FAX.03-5988-9161
E-mail:info@d-kobo.jp

※「大きな文字の青い鳥文庫」解説目録を配布しています。

図書館などご購入予定のある施設へ、実物大の内容見本も掲載している解説目録をお渡ししています。ご希望の方は「読書工房」までご連絡ください。

※FAX、Eメールの場合は、送り先の住所、郵便番号、施設名、担当者の氏名、電話番号をご明記ください。

大きな文字の青い鳥文庫

「大きな文字の青い鳥文庫」は続々刊行中です。
くわしくは「読書工房」のサイトをごらんください。

  • クレヨン王国の十二か月(上)(下)

    福永令三/作 三木由記子/絵

    小学中級から
    定価:各本体1800円(税別)

    シルバー王妃は、飲む人の口からわがままを吸いとるカップを使って、“完全”な王妃を保っていました。けれどある日おそろしい穴に落ちてしまい、王妃は十二か月の旅へ……。

  • 霧のむこうのふしぎな町

    柏葉幸子/作 杉田比呂美/絵

    小学中級から 定価:本体2000円(税別)

    6年生の夏休み、リナは一人で旅に出ました。霧の谷のなかでたどりついたのは、へんてこな人たちが住むふしぎな町。その町でリナは、忘れられない夏休みをすごします。

  • 若おかみは小学生!
    ―花の湯温泉ストーリー(1)―(上)(下)

    令丈ヒロ子/作 亜沙美/絵

    小学中級から
    定価:各本体1700円(税別)

    交通事故で両親をなくし、旅館を経営する祖母にひきとられた6年生のおっこ。そこでユーレイ少年のウリ坊と知り合い、ひょんなことから旅館の若おかみ修業を始めることに。

  • 黒魔女さんが通る!!
    ―チョコ、デビューするの巻―(上)(下)

    石崎洋司/作 藤田 香/絵

    小学中級から
    定価:上巻 本体1800円(税別)、下巻 本体1400円(税別)

    魔法マニアのチョコは、まちがって呼びだした黒魔女ギュービッドの指導(しごき?)のもと、ただいま黒魔女修行中! 5年1組が巻き起こす騒動を、魔法で解決しちゃいます。

  • 赤毛のアン(上)(中)(下)

    L・M・モンゴメリ/作 村岡花子/訳 HACCAN/絵

    小学中級から 定価:各本体1800円(税別)

    世界一愛されている、おしゃべりな赤毛の女の子。プリンスエドワード島にやってきた、夢見がちで愛情たっぷりなアンが巻き起こす騒動で、みんなが幸せに!

  • フランダースの犬

    ウィーダ/作 松村達雄/訳 亜沙美/絵

    小学中級から 定価:本体1800円(税別)

    ネロは、まずしくともやさしく、絵の才能にあふれた少年でした。ネロには親友の大きな犬、パトラッシュがいました。つぎつぎとおそいかかる悲劇にも負けなかった、二人の友情の物語。

  • 注文の多い料理店
    ―宮沢賢治童話集 1―(上)(下)

    宮沢賢治/作 太田大八/絵

    小学中級から 定価:各本体1700円(税別)

    ふたりのわかい紳士が猟にでて、山おくの西洋料理店にはいりました。その料理とは……。表題の代表作をはじめ、『やまなし』『雪渡り』など、詩と名作童話15編を収録。

  • ハチ公物語 ―待ちつづけた犬―

    岩貞るみ子/作 真斗/絵 田丸瑞穂/写真

    小学中級から 定価:本体1800円(税別)

    雨の日も雪の日も、主人の帰りを駅で待つ。日本一有名な犬ハチのノンフィクション。愛する者と暮らすことのすばらしさ、別れのせつなさに胸をうたれます。

「大きな文字の青い鳥文庫」は続々刊行中です。
くわしくは「読書工房」のサイトをごらんください。

このページのTOPへ