2017年03月10日ごろ発売

美女と野獣 七つの美しいお姫さま物語

  • ボーモン夫人/作
  • 巖谷 國士/訳
  • グリム兄弟/作
  • 池田 香代子/訳
  • アンデルセン/作
  • 立原 えりか/訳
  • 佐竹 美保/絵

定価:本体620円(税別)

ISBN 9784062856133

やさしい娘・ベルは、ばらを持ちかえった父の代わりに、おそろしい野獣の住む屋敷にとらわれることになりました。しかし、そこでは奇跡のようなことが起こります――。タイトルの「美女と野獣」(ボーモン夫人/巖谷國士)のほか、「白雪姫」「灰まみれ」「マレーン姫」「ラプンツェル」「いばら姫」(以上グリム兄弟/池田香代子)、「人魚姫」(アンデルセン/立原えりか)を収録。各話に訳者の解説がついています。


やさしい娘・ベルは、ばらを持ちかえった父の代わりに、おそろしい野獣の住む屋敷にとらわれることになりました。しかし、そこでは奇跡のようなことが起こります――。
タイトルの「美女と野獣」を含め、七編の美しいお姫さまの物語を収録しています。

「美女と野獣」(ボーモン夫人/作 巖谷國士/訳)

「白雪姫」(グリム兄弟/作 池田香代子/訳)

「灰まみれ」(グリム兄弟/作 池田香代子/訳)

「マレーン姫」(グリム兄弟/作 池田香代子/訳)

「ラプンツェル」(グリム兄弟/作 池田香代子/訳)

「いばら姫」(グリム兄弟/作 池田香代子/訳)

「人魚姫」(アンデルセン/作 立原えりか/訳)


<世界の名作 小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

みんなの感想

  • この『美女と野獣』の本は、7つのうつくしいおひめさまの物語があり、おもしろいです。
    『美女と野獣』の野獣が、ベルに心やさしいところが好きです。

    2017年04月20日

    小学4年生 / 女 / 匿名希望(読者はがき)

  • おもしろかったです。
    わたしもお姫さまになってしまった気分で、読みました。
    全部、好きなお姫さまで、いい気分で読んでいました!

    2017年04月17日

    小学4年生 / 女 / フワリ

  • 解説を読むと、「なるほど~。」「そういう考え方もあったか。」と、おなじ物語を読んでも感じ方が変わったので、最後の解説も楽しく読ませていただきました。
    ほかにも有名な童話はたくさんあるので、第2弾、第3弾と作ってほしいです。

    2017年04月17日

    小学6年生 / 女 / 匿名希望(読者はがき)

  • 『美女と野獣 ―七つの美しいお姫さま物語―』は、とてもおもしろいです。
    とくに、「灰まみれ」「美女と野獣」「白雪姫」がおもしろかったです。
    読んだことのない話もあります。
    おもしろい話がいっぱいあるので、もっとこの本を読んで、本と友だちになりたいです。

    2017年03月30日

    小学2年生 / 女 / 匿名希望(読者はがき)

  • わたしの知らないお話もありました。
    でも、「知らないお話に出会える」って、とってもすてきなことだと思います。
    だって、「知らないお話に出会えた」ってことは、「自分が変われるかも」っていう希望が持てるからです。
    たくさん学べました。
    教訓がいっぱいもらえたのでよかったです!

    2017年03月21日

    小学4年生 / 女 / 月天使

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫