今月のピックアップ!

  • DAYS
  • 劇部ですから!

いぬ年特集!

  • もしも病院に犬がいたら
こども病院ではたらく犬、ベイリー

    もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー

    「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」 入院中の子どもたちを笑顔に変える!日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリ…

  • ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    ハチ公物語 -待ちつづけた犬-

    「ハチはいま、大好きだった上野先生に、会いたくて会いたくて、しかたなかった上野先生に、やっとやっと、会えたんだよね――。…

  • 盲導犬不合格物語

    盲導犬不合格物語

    盲導犬の訓練を受けても、すべての犬が盲導犬になれるわけではありません。では、盲導犬になれなかった“不合格犬”たちはテスト…

  • タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    タロとジロ 南極で生きぬいた犬

    生きていてくれ!!涙の決断。犬たちの運命は? 南極で、ほんとうにあった物語。岩合光昭さんのお話ものっているよ!観測隊員…

  • フランダースの犬(新装版)

    フランダースの犬(新装版)

    青い鳥文庫の名作新装版少年ネロと愛犬パトラッシュの悲しい友情物語。「さあ行こう、パトラッシュ。ぼくたちは、たったふたり…

  • 新訳 名犬ラッシー

    新訳 名犬ラッシー

    ジョーの愛犬ラッシーは、村でいちばん賢くて美しいと評判のコリー犬。ところが、ある日ラッシーはお金持ちの公爵に買いとられ…

  • 豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    豆つぶほどの小さないぬ -コロボックル物語(2)-

    むかしコロボックルが飼っていたという、豆つぶほどの小さないぬ、マメイヌが、いまも生きているらしいという。クリノヒコとな…

  • 南総里見八犬伝(1)
―運命の仲間―

    南総里見八犬伝(1) ―運命の仲間―

      里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの第…

  • はたらく地雷探知犬

    はたらく地雷探知犬

    地雷を探す。希望を見つける。自分たちの手で「生きる力」を取りもどしていく犬と人の物語。フォックストロットとクッキーは、…

  • 読書介助犬オリビア

    読書介助犬オリビア

    あなたは、犬に本を読んであげたことある?安楽死寸前のところを救われたオリビアと、落ちこぼれ小学校の中の、さらに落ちこぼれ…

シリーズの紹介

最新刊のお知らせ

化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―

化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―
ためし読み
本を買う
もっとくわしく

2017年11月12日ごろ発売

みうらかれん/作
中村ひなた/絵

ぼく、穂村幸歩は、どこにでもいるごくフツーの小学5年生。でもどういうわけだか、化け猫の師匠のもとで落語修業をしている。夏休みも終わりに近づいたころ、宵ヶ淵化け物寄席の新しい試みとして、イベント企画がもちあがった。それは前座の若手のふたり、幸歩と黒吉くんが『猫の皿』で勝負をするというもの!「猫の噺で負けるわけにはいかないのにゃ!」と強がる黒吉くんとのライバル対決は、思わぬ騒動に発展して!?<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体620円(税別)

ISBN 978-4-06-285668-3

みうらかれん先生からのメッセージ

2017.11.27

 ある日、美術館で、江戸時代に描かれた猫の
浮世絵を見ていたとき、ふっと思いました。

「あ。これ、絶対、しゃべるわ。」

 そんな謎の確信から生まれたのが、化け猫の
落語家、化猫亭三毛之丞でした。

 思えば、猫が和服を着た浮世絵も、落語と
いうものも、単なる「いつかのどこかのだれかの
空想」です。
でも、わたしは今、それを心から楽しんでいます。
それと同じように、このシリーズも、時や場所を越えて、だれかを
楽しませられるものになればいいなぁと思います。

 わたしも幸歩たちといっしょに精進していきますので、次巻でも、
どうぞ一席、おつきあいのほどを!
 そして、読者はがきやホームページへのメッセージを送ってくれた
みなさん、本当にありがとうございます。
メッセージはぜんぶ、わたしのところにちゃんと届いています。
もらった言葉やイラストはどれも、わたしの貴重なエネルギー源で
あり、大切な宝物です。

このシリーズでいま読める本

幸歩は化け猫の師匠のもとで落語修行をすることに!
「化け猫 落語」のシリーズをこれからもお楽しみに~♪
  • 化け猫 落語(1)
―おかしな寄席(よせ)においでませ!―
  • 化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―

みんなのおたより

2018年02月01日更新

落語を知らなかったコも落語の楽しさがわかって好きになった!といううれしい声も。愛すべきキャラクターがたくさん登場する『化け猫落語』をこれからもよろしくね♪ みんなのメッセージを紹介します!

最後に、やさしいきもちになれる感動シーンもあって、とてもよかったです。
この本を読んでから、落語が好きになりました。
次はぜひ、三森ちゃんの話もいれていただけるとうれしいです!!

愛知県 小5女子 小島碧巴さん

← ← ←
★「化け猫 落語」シリーズにとどいた読者はがきです!

高知県 小4女子さん

落語の「時そば」を聞いたことはあったのですが、こんなにむずかしいなんて知らなくて、びっくりしました!
落語をやってみたくなりました!

東京都 小6女子 中村純礼さん

← ← ←
★「化け猫 落語」シリーズにとどいた読者はがきです!

東京都 小2女子
小林咲貴さん

1巻からとてもおもしろくて、2巻を買ってみたらもっとおもしろかったので、3巻、4巻……と、もっと本を出版してください。
応えんしています!!

青森県 小5女子さん

← ← ←
★『化け猫 落語(2)―ライバルは黒猫!?―』にとどいた読者はがきです!

山梨県 小3女子さん

あなたの感想まってます!おたよりの送り方は「読者のひろば」を見てね

今月の刊行

  • DAYS(デイズ)(3)
―再スタートの夏―
  • 劇部ですから!Act.3
―恋とマクベス―
  • ぼくはネコのお医者さん
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!