今月のピックアップ!

  • 探偵チームKZ事件ノート
  • 龍神王子(ドラゴン・プリンス)!
  • 氷の上のプリンセス
  • タイムスリップ探偵団
  • パスワード

小説を書こう!

シリーズの紹介

最新刊のお知らせ

化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―

化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―
ためし読み
本を買う
感想を書く

2017年11月12日ごろ発売

みうらかれん/作
中村ひなた/絵

ぼく、穂村幸歩は、どこにでもいるごくフツーの小学5年生。でもどういうわけだか、化け猫の師匠のもとで落語修業をしている。夏休みも終わりに近づいたころ、宵ヶ淵化け物寄席の新しい試みとして、イベント企画がもちあがった。それは前座の若手のふたり、幸歩と黒吉くんが『猫の皿』で勝負をするというもの!「猫の噺で負けるわけにはいかないのにゃ!」と強がる黒吉くんとのライバル対決は、思わぬ騒動に発展して!?<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体620円(税別)

ISBN 978-4-06-285668-3

みうらかれん先生からのメッセージ

2017.11.27

 ある日、美術館で、江戸時代に描かれた猫の
浮世絵を見ていたとき、ふっと思いました。

「あ。これ、絶対、しゃべるわ。」

 そんな謎の確信から生まれたのが、化け猫の
落語家、化猫亭三毛之丞でした。

 思えば、猫が和服を着た浮世絵も、落語と
いうものも、単なる「いつかのどこかのだれかの
空想」です。
でも、わたしは今、それを心から楽しんでいます。
それと同じように、このシリーズも、時や場所を越えて、だれかを
楽しませられるものになればいいなぁと思います。

 わたしも幸歩たちといっしょに精進していきますので、次巻でも、
どうぞ一席、おつきあいのほどを!
 そして、読者はがきやホームページへのメッセージを送ってくれた
みなさん、本当にありがとうございます。
メッセージはぜんぶ、わたしのところにちゃんと届いています。
もらった言葉やイラストはどれも、わたしの貴重なエネルギー源で
あり、大切な宝物です。

このシリーズでいま読める本

幸歩は化け猫の師匠のもとで落語修行をすることに!
「化け猫 落語」のシリーズをこれからもお楽しみに~♪
  • 化け猫 落語(1)
―おかしな寄席(よせ)においでませ!―
  • 化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―

今月の刊行

  • 探偵チームKZ事件ノート 
ーコンビニ仮面は知っているー
  • 龍神王子(ドラゴン・プリンス)!(11)
  • 氷の上のプリンセス ジュニア編1
  • クレオパトラと名探偵! 
ータイムスリップ探偵団エジプトへー
  • パスワード 
ーパズル戦国時代ー
  • 恐怖のむかし遊び
このページのTOPへ