今月のピックアップ!

  • 黒魔女さんが通る!!
  • 生活向上委員会!

小説を書こう!

シリーズの紹介

春から転校することになった、小学5年生のひびき。
あたらしい町を探検していたひびきは、ふしぎなたたずまいの古書店にたどり着いた。
そこで出会った青年・レイジさんは、自分は福の神だと名乗り、ひびきに神さまのしごとを頼んできて!?

「ひびきさんには、3人のひとを、しあわせにしてもらいます。」

本好きなだけだったふつうの女の子・ひびきの、神さま見習い、はじまります!

最新刊のお知らせ

もうすぐでるよ!

ふしぎ古書店(7)
―福の神卒業します―

ふしぎ古書店(7)
―福の神卒業します―

2018年01月13日ごろ発売

にかいどう 青/作
のぶたろ/絵

転校してはじめての冬。ひびきはクラスメイトの芽依に呼び出される。仲の良い絵理乃との関係に何か言いたいらしいけれど……。大好評だった中日こども新聞他の連載をまとめた1話に、感動の最終話を加えた2話構成。

ISBN 978-4-06-285678-2

ふしぎ古書店(6)
―小さな恋のひびき―

ふしぎ古書店(6)
―小さな恋のひびき―
ためし読み
本を買う
感想を書く

2017年09月09日ごろ発売

にかいどう青/作
のぶたろ/絵

同じクラスのスズキだと名のる男子のことをどうしても思い出せないひびき。でも、なぜだか、とても、なつかしく感じる。友だちは、スズキくんは、むかしからクラスにいたというけれど!?(第一話「わすられない彼」)クリスマス・パーティをしたいという絵理乃ちゃん。福神堂を会場にかしてください、とお願いしにいくと、福の神のレイジさんがずっと眠っていて起きないとチイちゃんが泣いていて!?(第二話「疫病神のユウウツ」)ふつうの人には見つけられない古書店が舞台の人気シリーズ第6弾!<小学生中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体620円(税別)

ISBN 978-4-06-285656-0

にかいどう青先生からのメッセージ

2017.08.15

こんにちは、にかいどう青です!

『ふしぎ古書店』の第6巻が発売となります。
1話目は、
クラスにいないはずの男の子に告白され、
とまどってしまうひびきのお話。
2話目は、
福の神のレイジさんが眠りつづけてしまうお話となっています。
どちらも少し悲しいお話かもしれませんが、
みなさんの心にぐさっと刺さればいいな、と思います。

あ!
第5巻には「笑うアマノジャク」という予告がのりましたが、
そちらは第7巻に収録(しゅうろく)の予定です。
ごめんなさい。

みなさんの感想が、にかいどうの元気のみなもとです。
ぜひぜひ送ってください。
お待ちしておりますっ!

このシリーズでいま読める本

しあわせな気持ちになりたかったら、ふしぎな古書店「福神堂(ふくじんどう)」をたずねてみて! シリーズぞくぞく発売中です~!
  • ふしぎ古書店(1)
―福の神はじめました―
  • ふしぎ古書店(2)
―おかしな友だち募集中―
  • ふしぎ古書店(3)
―さらわれた天使―
  • ふしぎ古書店(4)
―学校の六不思議!?―
  • ふしぎ古書店(5)
―青い鳥が逃げだした!―
  • ふしぎ古書店(6)
―小さな恋のひびき―

みんなのおたより

2017年11月01日更新

読むとほっこりする「ふしぎ古書店」。友だちっていいなと思える、やさしさいっぱいの物語に引きこまれてしまったみんなからの声を紹介します! 

わたしは、「ふしぎ古書店」が大好きです。
おもしろいし、勇気をくれるし、生きる楽しさがわかりました。
ずっと応援しています!
これからもがんばってください!

神奈川県 小6女子 monaさん

← ← ←
★「ふしぎ古書店」シリーズにとどいた読者はがきです!

群馬県 小2女子さん

「ふしぎ古書店」大好きです!
とくに、6巻は大号泣で、しばらく口がきけなくなったほど泣きました。
ひびきちゃんはすっごくやさしくて、チィちゃんはレイジさん思いで、
ほかのみんなもやさしくて思いやりがあって、すごいなって思いました。
レイジさんは幸せ者ですね(笑)。うらやましいです!
7巻、楽しみです!
スズキ君、あの世でひびきちゃんのこと、思ってますかね?

千葉県 小6女子 佐々木詩穂さん

← ← ←
★『ふしぎ古書店(2) ―おかしな友だち募集中―』にとどいた読者はがきです!

長野県 小6女子さん

「ふしぎ古書店」を読んでから、前までは面倒くさいと思っていた人づき合いが少しずつできるようになりました。
5巻では、絵理乃と紗奈がけんかに巻きこまれたひびきを助ける場面が心に残りました。
わたしもすてきな友だちに出会えるように、そしてなれるように、毎日を全力投球で生きていこうと思います。
これからもがんばってください。
楽しみにしています。

東京都 小6女子 ルーナさん

いつも胸がウキウキする作品をありがとうございます!
チィちゃんかわいくてホッとしています!
これからも楽しい作品をお待ちしています。

神奈川県 小6女子 さゆっぴさん

← ← ←
★『ふしぎ古書店(6) ―小さな恋のひびき―』にとどいた読者はがきです!

長崎県 中3女子
京崎美波さん

あなたの感想まってます!おたよりの送り方は「読者のひろば」を見てね

【投稿募集中!】福神堂のおなやみ相談室

「ふしぎ古書店」シリーズの巻末にある、ひびきやレイジさん、チィちゃんが読者のおなやみに答える「福神堂のおなやみ相談室」というコーナー。
ここ、青い鳥文庫ウェブサイトでも、あなたのおなやみ大募集します!
学校のこと、友だちのこと、あなたのおなやみを教えてね。
採用されると、ここのコーナーや、次の「ふしぎ古書店」の新刊で、ひびきたちが答えてくれるよ!

こんにちは、東堂ひびきです。
『ふしぎ古書店』をおうえんしてくれているみなさん、どうも、ありがとうございますっ!
ではでは、「福神堂のおなやみ相談室」ウェブサイト版の第5回、スタートです。

【相談】
わたしは、クラスに友だちがほとんどいません。
クラスのひとと話すことがバカバカしく思えてしまいます。
どうしたら、この考えをかえられるでしょうか?

小学6年生 ユッキーさん

あー。
わたし、ユッキーさんの気持ち、ちょっとわかります。

ひびきさんも、同じようにお考えなのですか?

バカバカしいというと、少しきつい表現ですけど、
あわせなくちゃいけないのって、めんどうくさいと思うことがあります。

なるほど。
「あわせなくちゃいけない」というところまでいくと、
そうかもしれませんね。

あ、でも、ユッキーさんの相談は、考えかたをかえる方法ですよね。
ということは、クラスのひとと、もっと親しくなりたい、と思っているんですかね。
どうすればいいでしょう?

まず、ぼくは、クラスメイトだからといって、全員、
親しくしなければいけないとは思っていません。

え? そうなんですか?

はい。仲がよいに越したことはありませんが、
みんなと仲よくしなければいけない、と思いこみすぎると、苦しくなってしまいます。
全員とは親しくできない、とわりきってしまったほうが、
気が楽になるはずです。

あ、そうかも。

友だちは多ければいい、というものではありません。
もちろん、友だちづきあいのなかでしか生まれないものもありますから、必要ないとも言えません。
ユッキーさんは、
「クラスに友だちがほとんどいません。」と書いていますね。
ということは、まったくいないわけではないのでしょう。教室の外にいるのかもしれませんし。
まずは、そこでの関係をたいせつにすることが重要だと思います。
そこから、友だちの輪が広がっていくことだってありますよ。

わたしも友だちが多いほうじゃないです。
でも、本当の友だちは、だいじにしたいです。
絵理乃ちゃんと仲よくなったことで、紗奈ちゃんとも親しくなれました。

そういうことです。
ただし、ユッキーさんがあらためたいと考えている、
会話をバカバカしく思ってしまうクセというのは、
気をつけたほうがいいかもしれません。
態度に出てしまうこともあるでしょう。
それが原因となって、ギスギスした関係が生まれてしまう場合もあります。
話している相手に、バカにされていると感じたら、イヤな気持ちになるはずです。
みんなと仲よくしなければいけない、ということはなくても、
じゃあ、傷つけてもいい、ということにはなりません。
相手の気持ちを想像し、ケンカごしにならないことがたいせつですよ。

そうですね。ただ……。

なんでしょう?

えっと、最後に、
ちょっとだけ、つけくわえてもいいですか?

もちろんです。

わたしがえらそうに言えることではないんですけど……。
わたしも、じぶんをすり減らしてまで、友だちをつくる必要はないと思います。けど、かんたんに切りすてちゃうのも、もったいないかもって、最近は、思うようになりました。
新しい経験をするチャンスかもしれないじゃないですか。
そういう考えかたもあるって、ユッキーさんに知ってもらいたいです。

なるほど。
ひびきさんは、秋山さんや井口さんと友だちになって、
考えかたがかわったのですね。

レイジさんやチィちゃんとも出会えたからです。
わたし、みんなが大好きです。

おや、これは、照れますね~。


(※相談内容は、一部に修正をくわえています。
学年は投稿時のものです。)

ひびきたちに聞いてもらいたいおなやみがある人は、下の応募フォームから送ってね。
あなたの投稿、待っています!

応募はこちらから

この本も読んでみて!

「ふしぎ古書店」シリーズのにかいどう青先生とのぶたろ先生の本!
『七日目は夏への扉』は、ひびきといっしょに住んでいる叔母・朱音(あかね)さんの物語。ひびきも登場するよ!
  • 七日目は夏への扉

今月の刊行

  • 6年1組 黒魔女さんが通る!!(04)
―呪いの七夕姫!―
  • 生活向上委員会!(6)
―コンプレックスの正体―
  • 化け猫 落語(2)
―ライバルは黒猫!?―
  • 七時間目のUFO研究
  • 歴史人物ドラマ 西郷隆盛
このページのTOPへ