今月のピックアップ!

  • 黒魔女さんが通る!!
  • 戦国武将物語

ハロウィン特集!

シリーズの紹介

春から転校することになった、小学5年生のひびき。
あたらしい町を探検していたひびきは、ふしぎなたたずまいの古書店にたどり着いた。
そこで出会った青年・レイジさんは、自分は福の神だと名乗り、ひびきに神さまのしごとを頼んできて!?

「ひびきさんには、3人のひとを、しあわせにしてもらいます。」

本好きなだけだったふつうの女の子・ひびきの、神さま見習い、はじまります!

最新刊のお知らせ

ふしぎ古書店(7)
―福の神卒業します―

ふしぎ古書店(7)
―福の神卒業します―
ためし読み
本を買う
もっとくわしく

2018年01月12日ごろ発売

にかいどう 青/作
のぶたろ/絵

 福の神の弟子になってはじめての冬。ひびきはクラスメイトの芽依たちに呼び出される。仲の良い絵理乃との関係について何か言いたいらしい芽依だけれど、当の絵理乃に注意されて引き下がってしまった。その後、ひびきに「ひどいことを言ってごめんなさい。」と謝ってくれた芽依だけれど、芽依がくれた手紙を見た絵理乃は怒って手紙を破いてしまう。ひびきと絵理乃はこれまでにないくらいのケンカをしてしまう……。(第一話 『笑うアマノジャク』) ひびきの両親がアメリカに引っ越すことに! ひびきも転校して一緒に暮らさないかと誘われるものの、朱音さんはゆっくり考えていいと言ってくれた。葵野小学校、そして福神堂に来てから大切なものがたくさんできて一人じゃないと知ったひびきは、福の神の弟子を続けるのか、新しい世界に行くのか迷ってしまう。(第二話『なんでもない一日』) 大好評だった中日こども新聞他の連載をまとめた1話に、感動の最終話を加えた2話構成。<小学生中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体620円(税別)

ISBN 978-4-06-285678-2

にかいどう青先生からのメッセージ

2017.12.15

こんにちは、にかいどう青です。

1月に『ふしぎ古書店』の7巻が発売されます。
そしてこれがシリーズ最終巻となります。
ご愛読いただきありがとうございました!
読者はがきやお手紙、
投稿フォームからメッセージをくれたみなさん、
本当にありがとうございます!
熱い感想や応援の声にはげまされました。
イラストを描いてくれたり、
シールやペンでデコってくれるひともいて、
とてもうれしかったです。
みなさんの支えがあって、
この最終巻を完成させることができました。
のぶたろさんの美しいイラストといっしょに、
お楽しみくださいっ!

あ、ホラー短編集『恐怖のむかし遊び』も発売中です。
こっちは怖いですよ~。

寒い季節にほっこりあたたかなお話と、
ぞくっとするホラー、
いかがですか?

このシリーズでいま読める本

しあわせな気持ちになりたかったら、ふしぎな古書店「福神堂(ふくじんどう)」をたずねてみて! シリーズぞくぞく発売中です~!
  • ふしぎ古書店(1)
―福の神はじめました―
  • ふしぎ古書店(2)
―おかしな友だち募集中―
  • ふしぎ古書店(3)
―さらわれた天使―
  • ふしぎ古書店(4)
―学校の六不思議!?―
  • ふしぎ古書店(5)
―青い鳥が逃げだした!―
  • ふしぎ古書店(6)
―小さな恋のひびき―
  • ふしぎ古書店(7)
―福の神卒業します―

みんなのおたより

2018年02月01日更新

「ふしぎ古書店」も7巻でついに最終話……。シリーズ完結をおしむ声もたくさんとどいています!今まで応えんしてくれたみんな、ありがとう! これからもみんなからのメッセージお待ちしてます☆

おもしろくて、1冊読むのに30分もいりませんでした!
ママも大好きでふたりで取りあいをしながら読んでいます!
ひびき、これからもがんばってね!

東京都 小5女子 雪うさぎさん

← ← ←
★『ふしぎ古書店(7)―福の神卒業します―』にとどいた読者はがきです!

和歌山県 小5女子さん

にかいどう青さん、
いつも「ふしぎ古書店」や、「七日目は夏ヘの扉」などの本を読ませていただいています。
どの物語も、心にグサッとくるお話で、毎回感動しています。
のぶたろさん、
いつも、「ふしぎ古書店」で登場人物の感情が伝わり みんなのかわいさが見れて、すごくうれしいです。
これからも、ふたりの活躍を期待しています。

鳥取県 小6女子 もふちーさん

← ← ←
★『ふしぎ古書店(4)―小さな恋のひびき―』にとどいた読者はがきです!

徳島県 小6女子さん

「ふしぎ古書店」、大好きです!!
シリーズ完結、ありがとうございました。
完結すると聞いて泣きそうになりました。
ひびきは、わたしに性格、外見がすごく似ていました。
わたし、そのものみたいです。
本だなのコーナーで紹介された本は、気になるものがいくつかありました。
ひびきや、えりのんみたいに、本の世界をまだまだ広げたいです。
「ふしぎ古書店」、ありがとうございました。

千葉県 小5女子さん

← ← ←
★『ふしぎ古書店(6)―学校の六不思議!?―』にとどいた読者はがきです!

東京都 小4女子さん

あなたの感想まってます!おたよりの送り方は「読者のひろば」を見てね

【投稿募集中!】福神堂のおなやみ相談室

「ふしぎ古書店」シリーズの巻末にある、ひびきやレイジさん、チィちゃんが読者のおなやみに答える「福神堂のおなやみ相談室」というコーナー。
ここ、青い鳥文庫ウェブサイトでも、あなたのおなやみ大募集します!
学校のこと、友だちのこと、あなたのおなやみを教えてね。
採用されると、ここのコーナーや、次の「ふしぎ古書店」の新刊で、ひびきたちが答えてくれるよ!

こんにちは、東堂ひびきです。
『ふしぎ古書店』をおうえんしてくれているみなさん、どうも、ありがとうございますっ!
ではでは、「福神堂のおなやみ相談室」ウェブサイト版の第5回、スタートです。

【相談】
わたしは、クラスに友だちがほとんどいません。
クラスのひとと話すことがバカバカしく思えてしまいます。
どうしたら、この考えをかえられるでしょうか?

小学6年生 ユッキーさん

あー。
わたし、ユッキーさんの気持ち、ちょっとわかります。

ひびきさんも、同じようにお考えなのですか?

バカバカしいというと、少しきつい表現ですけど、
あわせなくちゃいけないのって、めんどうくさいと思うことがあります。

なるほど。
「あわせなくちゃいけない」というところまでいくと、
そうかもしれませんね。

あ、でも、ユッキーさんの相談は、考えかたをかえる方法ですよね。
ということは、クラスのひとと、もっと親しくなりたい、と思っているんですかね。
どうすればいいでしょう?

まず、ぼくは、クラスメイトだからといって、全員、
親しくしなければいけないとは思っていません。

え? そうなんですか?

はい。仲がよいに越したことはありませんが、
みんなと仲よくしなければいけない、と思いこみすぎると、苦しくなってしまいます。
全員とは親しくできない、とわりきってしまったほうが、
気が楽になるはずです。

あ、そうかも。

友だちは多ければいい、というものではありません。
もちろん、友だちづきあいのなかでしか生まれないものもありますから、必要ないとも言えません。
ユッキーさんは、
「クラスに友だちがほとんどいません。」と書いていますね。
ということは、まったくいないわけではないのでしょう。教室の外にいるのかもしれませんし。
まずは、そこでの関係をたいせつにすることが重要だと思います。
そこから、友だちの輪が広がっていくことだってありますよ。

わたしも友だちが多いほうじゃないです。
でも、本当の友だちは、だいじにしたいです。
絵理乃ちゃんと仲よくなったことで、紗奈ちゃんとも親しくなれました。

そういうことです。
ただし、ユッキーさんがあらためたいと考えている、
会話をバカバカしく思ってしまうクセというのは、
気をつけたほうがいいかもしれません。
態度に出てしまうこともあるでしょう。
それが原因となって、ギスギスした関係が生まれてしまう場合もあります。
話している相手に、バカにされていると感じたら、イヤな気持ちになるはずです。
みんなと仲よくしなければいけない、ということはなくても、
じゃあ、傷つけてもいい、ということにはなりません。
相手の気持ちを想像し、ケンカごしにならないことがたいせつですよ。

そうですね。ただ……。

なんでしょう?

えっと、最後に、
ちょっとだけ、つけくわえてもいいですか?

もちろんです。

わたしがえらそうに言えることではないんですけど……。
わたしも、じぶんをすり減らしてまで、友だちをつくる必要はないと思います。けど、かんたんに切りすてちゃうのも、もったいないかもって、最近は、思うようになりました。
新しい経験をするチャンスかもしれないじゃないですか。
そういう考えかたもあるって、ユッキーさんに知ってもらいたいです。

なるほど。
ひびきさんは、秋山さんや井口さんと友だちになって、
考えかたがかわったのですね。

レイジさんやチィちゃんとも出会えたからです。
わたし、みんなが大好きです。

おや、これは、照れますね~。


(※相談内容は、一部に修正をくわえています。
学年は投稿時のものです。)

ひびきたちに聞いてもらいたいおなやみがある人は、下の応募フォームから送ってね。
あなたの投稿、待っています!

応募はこちらから

この本も読んでみて!

「ふしぎ古書店」シリーズのにかいどう青先生とのぶたろ先生の本!
『七日目は夏への扉』は、ひびきといっしょに住んでいる叔母・朱音(あかね)さんの物語。ひびきも登場するよ!
  • 七日目は夏への扉

今月の刊行

  • 6年1組 黒魔女さんが通る!!(06)
―黒魔女さんの夏休み―
  • 戦国武将物語 伊達政宗 
―奥羽の王、独眼竜―
  • 七転びダッシュ!(2)
―あたらしい仲間―
  • 夜カフェ(1)
  • 犬の車いす物語
このページのTOPへ
火の鳥伝記文庫が新しくなったよ!