シリーズの紹介

最新刊のお知らせ

千里眼探偵部 3 海賊のお宝をさがせ!

  • あいま 祐樹/作
  • FiFS/絵

夏休み、凜太郎の母親の取材旅行にあわせて広島へ行くことになった千里眼探偵部。凜太郎がかつて暮らしていた瀬戸内海の島には、海賊として権勢をほこった村上水軍ゆかりの品が眠っているという。島の友だちのおじいさんがのこしていた地図と暗号をたよりに、千里眼探偵部が推理を開始! はたして『海賊の宝』を見つけることができるのか!?


夏休み、凜太郎の母親の取材旅行にあわせて広島へ行くことになった千里眼探偵部。凜太郎がかつて暮らしていた瀬戸内海の島には、海賊として権勢をほこった村上水軍ゆかりの品が眠っているという。
島の友だちのおじいさんがのこしていた地図と暗号をたよりに、千里眼探偵部が推理を開始! はたして『海賊の宝』を見つけることができるのか!?

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体620円(税別)

ISBN 9784062856959

あいま祐樹先生からの
メッセージ

千里眼探偵部ファンのみなさん、
こんにちは。
あいま祐樹です。

さて、みなさんはおばけ屋敷に入ったこと、
あるかな?
迷路に挑戦したことは?
おばけ屋敷みたいな迷路があったら、
ワクワクしちゃうよね。

​第2巻では、千里眼探偵部に​ふたつの依頼がまい​こむよ。
それは「​超能力」と「ひとだま」。

見えるはずのないものが​見えちゃう「​超能力」と、
暗やみにぼうっと光ってゆらゆらゆれる「ひとだま」。

ふしぎな依頼​を、凜太郎、天馬、六花の3人が​受けて立つ。
そしてなぜか、おばけ屋敷みたいな迷路にチャレンジすることに……。
さて、3人は迷路を攻略できるかな?

今回も、三人のそばにヤタガラスのクロちゃんがいるよ。
クロちゃんのかつやくにも注目してね。
料理男子・凜太郎のかんたんレシピもお楽しみに!

このシリーズでいま読める本

凜太郎、天馬、六花の「千里眼探偵部」がいよいよスタート!
これからどんな事件を解いていくか、お楽しみに!

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫