今月のピックアップ!

  • エトワール!
  • パティシエ☆すばる
  • 妖界ナビ・ルナ
  • 黒魔女さんが通る!!
  • 生活向上委員会!
  • 龍神王子(ドラゴン・プリンス)!
  • 作家になりたい!
  • アイドル・ことまり!
  • 探偵チームKZ事件ノート
  • おしゃれプロジェクト

小説を書こう!

小学中級から

海色のANGEL(2)
―人魚伝説―

海色のANGEL(2)
―人魚伝説―
ためし読み
本を買う
感想を書く

2015年12月12日ごろ発売

池田美代子/作
尾谷おさむ/絵
手塚治虫/原案

宋源家に引きとられ、ノアの代わりに学校に通いはじめたルーナ。だが、宋源家は破産し、ノアも誘拐されて行方不明に。ノアの母親と安アパートで暮らすことになったルーナは、真実を打ちあけるべきか悩む。一方、エンジェル島の洞窟に閉じこめられていたノアは、人魚に助けられて兄の海と再会した。しかし、それもつかの間、祈祷師・ピューマに追われ、再びはなればなれとなってしまう--。

定価:本体620円(税別)

ISBN 978-4-06-285532-7

この本も読んでみて!

  • 海色のANGEL(1)
―ルーナとノア―
  • 海色のANGEL(2)
―人魚伝説―
  • 海色のANGEL(3)
―秘密―
  • 海色のANGEL(4)
―告白―
  • 海色のANGEL(5)
―最後の日―
  • 新 妖界ナビ・ルナ(1) ガラスの指輪
  • 新 妖界ナビ・ルナ(2) 水底に沈む涙
  • 新 妖界ナビ・ルナ(3) 星夜に甦る剣
  • 新 妖界ナビ・ルナ(4) ひと粒の奇跡
  • 新 妖界ナビ・ルナ(5) 刻まれた記憶
  • 新 妖界ナビ・ルナ(6) 瑠璃色の残像
  • 新 妖界ナビ・ルナ(7) 空と月の幻惑
  • 新 妖界ナビ・ルナ(8) 宿命の七つ星
  • 新 妖界ナビ・ルナ(9) 流星の蜃気楼
  • 新 妖界ナビ・ルナ(10) 天泣の道なり
  • 新 妖界ナビ・ルナ(11)
―伝説の御子へ―
  • 妖界ナビ・ルナ(1)
—解かれた封印—
  • 妖界ナビ・ルナ(2)
―人魚の住む町―
  • 妖界ナビ・ルナ(3)
―黒い森の迷路―
  • 妖界ナビ・ルナ(4)
―火をふく魔物―
  • 秘密のオルゴール 摩訶不思議ネコ ムスビ(1)
  • 迷宮のマーメイド 摩訶不思議ネコ ムスビ(2)
  • 虹の国 バビロン 摩訶不思議ネコ ムスビ(3)
  • 海辺のラビリンス 摩訶不思議ネコ ムスビ(4)
  • 幻の谷 シャングリラ 摩訶不思議ネコ ムスビ(5)
  • 太陽と月のしずく 摩訶不思議ネコ ムスビ(6)
  • 氷と霧の国トゥーレ 摩訶不思議ネコ ムスビ(7)
  • 白夜のプレリュード 摩訶不思議ネコ ムスビ(8)
  • 黄金の国 エルドラド 摩訶不思議ネコ ムスビ(9)
  • 砂漠のアトランティス 摩訶不思議ネコ ムスビ(10)
  • 冥府の国ラグナロータ 摩訶不思議ネコ ムスビ(11)
  • 遥かなるニキラアイナ 摩訶不思議ネコ ムスビ(12)

みんなの感想

2巻とってもおもしろかったです。はたして、ルーナとノアは、どうなるのか楽しみです。しかもドキドキしました。3巻も絶対買います。

2016年01月31日 東京都 / 小学4年生 / 女 / りっちゃん

『海色のエンジェル』2巻最高でした!
ルーナとノアが再びめぐりあう時は来るのかドキドキです!
人魚の女の子が言った「もともとわたしたちは……」の先が気になります!

2016年01月22日 神奈川県 / 小学4年生 / 女 / ファンタジー好き少女
青い鳥文庫ファンクラブ会員No.37923

池田美代子先生の書いた本が大好きで、いつも買っています。
「新 妖界ナビ・ルナ」も、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」も、全巻持っています‼︎
わたしが読んでいるのを見て、わたしの友だちも買いはじめています。
いつも応援しています!これからもがんばってください。

2016年01月22日 神奈川県 / 小学1年生 / 女 / 葵

おもしろくてイッキ読み

2016年01月03日 山梨県 / 小学5年生 / 女 / ありす

わたしは「ナビ・ルナ」のファンだったのですが、池田さんの新しいシリーズが出たと聞き、ためしに買ってみましたが、一つの章が終わるごとに、次はどうなってしまうのだろうかというドキドキ感が生まれる、楽しい本です!
ノアと海にいさまの行動が、だいたんでおもしろいです!
3巻を楽しみにしています!池田さん、がんばってください!!!!!!!!!!

2016年01月03日 北海道 / 小学4年生 / 女 / momoka

すごい感動した!

2015年12月28日 千葉県 / 小学5年生 / 女 / あお

ルーナがたまらなくかわいい!
特に共通の灰色の髪が大人っぽいなぁ……。

2015年12月28日 埼玉県 / 小学5年生 / 女 / マミ

1巻読みました!!★とおおおおってもおもしろくて、2巻もソッコー買いました!!★
池田美代子先生の作品は「ナビ・ルナ」と「ムスビ」どちらも読んでいたので買いました!!

2015年12月25日 岡山県 / 小学6年生 / 女 / Book・LOVE☆★少女

二巻も読みました!!ちょ~~おもしろかったです☆
ルーナはまわりに正体がばれそうでハラハラするし、
ノアはエンジェル島でピューマに追いつめられて、
ドキドキの連続でした。
こんなにおもしろい話は生まれて初めて読みました!!!
尾谷先生のイラストも上手できれいだし、もーなにもかも最高です♪
ルーナとノアはこれからどうなるの…!?
続きを楽しみにしてます☆

2015年12月23日 奈良県 / 小学6年生 / 女 / lain♪

「海色のANGEL」読みました!一巻に続いて、ドキドキしながら読んでました。
ノアと海さんは無事に日本に帰ってこれる?ルーナは?ソレイユ姫は海さんに応えてくれるの?
もう、続きが気になります~!がんばってください!

2015年12月22日 神奈川県 / 小学6年生 / 女 / 鈴蘭

一巻から読んでます!すごくおもしろいです!
読み進めるうちに、どんどん物語の世界観に入っていけます!

2015年12月21日 兵庫県 / 小学5年生 / 女 / あっきー

第二巻、おもしろすぎました。
・ルーナのハラハラ学校生活は、これからどうなるのか
・海兄様の初恋の行方
・ノアの驚くべき能力
・キュートな双子のこれからの活やく
・おそろしい[あの人」が、な、な、な、なんと、ルーナのところに………。
・二階を見上げていた謎の人物
.....など、さすが、池田先生とまんがの神様・手塚治虫の最強コラボだと思いました。尾谷先生のイラストも、超かわいいです。

わたしは、またまたふたりの姿に心を打たれました。

どんな状況にあっても、あきらめないノア。たとえひとりでも、戦うルーナ。
突然の事件にも、自分より妹を大切にする海兄様。
そんな三人は、私にとって天使です。
 
これからも、すてきなものがたりをかいてください。
第3巻、とーーーーーーーーってもたのしみにしています。

2015年12月19日 大阪府 / 小学5年生 / 女 / 黄色い鳥
青い鳥文庫ファンクラブ会員No.35978

『海色のANGEL(2)』読みました。
エンジェル島とルーナの秘密、あと、ノアも知らないノアの秘密や、新しい双子のキャラクターも登場して、ついに、あの人が現れて、ドキドキしました。
『海色のANGEL(3)』楽しみにしています。

2015年12月15日 福岡県 / 小学6年生 / 女 / 田中愛莉
青い鳥文庫ファンクラブ会員No.37173

『海色のANGEL② ~人魚伝説~』読みました。
続きが、超・気になってました。
ノアと海……。感動です!!早く日本に着いて!ルーナが……!
海とソレイユの(恋の)関係。どーなる!?
ノアのパイロキネシスも気になります。
楓と樹里に、本当のことを、話せれば……。
おまけページの三分寸劇、おもしろっ!
3巻、楽しみにしてま~す。

2015年12月15日 長野県 / 小学6年生 / 女 / MIKU
青い鳥文庫ファンクラブ会員No.36331

「海色のANGEL」第2巻、1巻と同様ドキドキとヒヤヒヤがたっぷりのお話でした!
お話の最後に、あの恐ろしい〇〇〇〇が現れて、うわぁってビックリたし、ヒヤッとしました。
新しいキャラクターも出てたし、第3巻も楽しみです。
お風邪などにお気をつけて執筆頑張ってください。

2015年12月14日 東京都 / 小学5年生 / 女 / ユキウサギ
青い鳥文庫ファンクラブ会員No.36383

私は中3で、受験勉強をしています。合格するかわからない不安につぶされそうです。
でも、過酷な運命にめげずに生きているルーナやノアに勇気をもらっています。
そして、友人や恋愛、親のことでうまくいかない時も、ナビルナ10巻目のあとがきを読んで、きっと大丈夫と、前を向けました。
これからも、がんばってください。

2015年12月13日 千葉県 / 中学3年生 / 女 / 蓮

感想の受け付けは終了しました。

ほかの本も、読んだらぜひ感想送ってね!

※感想は、発売から3か月以内のあいだに、送ることができます。

今月の刊行

  • パティシエ☆すばる
―パティシエ・コンテスト!(2)決勝―
  • エトワール!(3)
―眠れる森のバレリーナ―
  • 劇部ですから! Act.2
―劇部の逆襲―
  • はいからさんが通る(下)
  • 日本の神さま
―古事記の物語―
このページのTOPへ