シリーズの紹介

もうすぐでる本

小説 ゆずのどうぶつカルテ(8) こちら わんニャンどうぶつ病院

  • 伊藤みんご/原作・絵
  • 辻みゆき/文

こんにちは! 森野柚です。
小学5年生だけど、叔父さんが営むどうぶつ病院で、獣医見習いをしています。
ある日、診察にやってきたのは人気上昇中のユーチューバー・トーゴさんとフェレットのフースケ。
トーゴさんの動画は、フースケとの仲のよさが伝わってきて、わたしも大好きなの。
でもトーゴさんがどんどん忙しくなってきてしまい、フースケに異変がおこり……。
飼い主とペットの絆を描く「おとぼけフェレット・フースケ」のほか、「フルートが好きだったネコ・メルシー」「名前のない犬」「吠える犬・エース」の全4話を収録。

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき ノベライズ>

ISBN 978-4-06-523560-7

辻みゆき先生からの
メッセージ

こんにちは、辻みゆきです!

「ゆずのどうぶつカルテ」6刊発売時、作者サイン色紙プレゼントに応募して下さったみなさま、どうもありがとうございました!
厳選なる抽選により、10名の方にお送りさせていただきました。
予想をはるかに超える、たくさんのご応募に、心のこもったお言葉やイラスト(お上手!)も、たくさん……、どんなにうれしかったことでしょう……!
おひとり、おひとりに、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました!

2020年は、コロナウィルスにより、大人も子どもも、世界中の人が、なにかを我慢しなくてはならなかったり、どこかでさびしい思い、つらい思いをしなくてはならない年になりました。
でも、どんなときも、けして失われない大切な力が、わたしたちにはあると思います。
「人生に必要なものは、勇気と想像力、そして、ほんの少しのお金だけだ。」
これは、チャップリンの「ライムライト」という映画の中のセリフです。
どうでしょう。
本が好き、本を楽しんでいるみなさんなら、きっと「想像力なら、まかせて!」って、胸を張れるんじゃないかなって思います。
こうして紡ぐ一文字、一文字が、みなさんの想像の翼を羽ばたかせるときのお役に立てますように。心からそう思っています。

あ、動物たちとコミュニケーションをとるのも、想像力って必要です!
「ゆずのどうぶつカルテ」も7刊目になりました。ゆずも、一生懸命、がんばっています。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫