2022年02月09日ごろ発売

はたらく細菌(1)

  • 吉田 はるゆき/原作・絵
  • 吉岡 みつる/文
  • 清水 茜/監

定価:748円(本体680円)

ISBN 9784065268711

私たちの体のなかや皮膚では善玉菌や悪玉菌、日和見菌と呼ばれるさまざまな細菌が日々、それぞれの存亡をかけ活動中です。そんな細菌たちを擬人化しコミカルに描く人気コミックが青い鳥文庫で待望のノベライズ。お肉大好きな宿主の腸内での善玉菌と悪玉菌の熾烈な陣取り合戦を描いたストーリーや名前のせいで誤解されてる大腸菌の心の叫び、肌荒れの原因になってる菌、胃酸にもやられず腸内にとどまる納豆菌の活躍など8話を収録!読んで楽しく、人体の仕組みも学べる一冊です。

<すべての漢字にふりがなつき 小学中級以上 ノベライズ>

みんなの感想

  • 漫画を読んで、お話とともに体のことについて書かれているので楽しく学ぶことが出来ました。
    読んで分かったことを友達に教えています。

    2022年01月08日

    小学4年生 / 女 / ここあ

  • 「はたらく細菌」ですぅ♡大好きなアニメですぅ♡
    発売、楽しみにしていますぅ♡

    2022年01月05日

    小学6年生 / 私は、何細胞だろう??

☆まだ読んでいない人のために、ネタばれはしないでね!
☆送ってからすぐにはサイトに紹介されません。
☆まちがった文字や表現など、掲載のときに修正する場合があるよ!
☆感想を紹介できない場合でも、編集部ですべて読みます!
☆感想はチラシや宣伝物で紹介することもあるよ!
☆心のこもったメッセージを送ってね! 先生や編集部への応援もくれるとうれしいな!
☆いちど読みなおしてから送ろう! おうちの人に見てもらうと安心だね!

感想を送る

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫