News

とっておきナビ

小林深雪先生からのメッセージ

あけましておめでとうございます。
みんなにいいことがいっぱいありますように!
さあ、今年は、丑(うし)年です。
そう。牛といえば、未央ちゃん! 
未央ちゃんといえば、牛!
つまり、今年は「作なり」イヤーなんです(強引)。
そんな丑(うし)年の新年そうそう、
1月14日ごろ、『作家になりたい!⑨ダブルデートはラブコメディ』が、発売になります。
わ〜、わ〜。めでた〜い!



「今回は、おねえちゃんと雪人さん、永瀬くんと由里亜ちゃんのダブルデートが、とんでもない展開に!」



そして、作家修行と笑いと涙が、『ぎゅうぎゅう』に詰まった一冊になっています。」



「丑(うし)年だけにね。」




「どうぞ、お楽しみに! ねえ、おねえちゃんもなにかいってよ!」



「ええっと、丑(うし)年だけに、うっしっしな展開になってま〜す。よろしく!」



「……おねえちゃん、この本を読んで、コメディの書きかたを勉強してね。書いてあるから」



「2021年も、こんなおねえちゃんとわたしたちを、よろしくお願いしたします!」

シリーズの紹介

最新刊のお知らせ

作家になりたい!(9) ダブルデートはラブコメディ

  • 小林 深雪/作
  • 牧村 久実/絵

「泣いちゃいそうだよ」シリーズの小林深雪×牧村久実が贈る、抱腹絶倒&胸キュンストーリー。小説家になるためのヒントもいっぱいです!

「はやく作家になりた~い!」 
わたし、宮永未央は、この夏休みに青い鳥文庫新人賞の応募原稿を執筆中!
イケメンアイドルの永瀬くんからまさかのデートに誘われて大パニック!!しかも雪人さんと由里亜と4人でのダブルデートに!?期待と不安が入り混じるなかデートの日が近づいて。

巻末の「小説教室」は礼央&理央の講義&質問コーナーだよ。


<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

定価:本体680円(税別)

ISBN 9784065219669

このシリーズでいま読める本

  • 青い鳥文庫ってなに?
  • 2020 青い鳥文庫小説賞
  • 講談社 火の鳥伝記文庫